らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

その他

寒い冬場のブレーキの効きと異音。原因は結露と錆び?

2018/01/12

「寒い季節になると車のブレーキを踏んだ時に『ギギギ』『ゴゴゴ』といった異音を感じる機会が多くなる」

このように感じている人は少なくないかと思います。

今年も、11月中旬になり気温が下がり氷点下になる機会も増えてきましたが、普段通り運転をしているとブレーキを踏んだ時に『ギギギ』という擦れるような音が…。

「あー、去年も鳴ってた音だな」と思いつつも、これが果たして正常なのか、今回は、ついでもありディーラーで確認してきましたのでシェアできればと思います。

スポンサーリンク

音が出るタイミング

私の車の場合は、ブレーキをやや強めに踏んで、車体が完全に止まる寸前あたりで、擦れるような音が発生します。

軽く減速する程度では鳴りませんし、走りだして暫くすると音を感じなくなります。

音の大きさは、そこまで大きなものではなく、気にすれば気になる程度。音楽を聞いていればほとんど聞こえない程度です。

また、音が鳴っているのは前輪です。私の車は前輪がディスクブレーキで後輪がドラムブレーキ。鳴っているのはディスクブレーキという事になります。

冬はブレーキの異音が発生しやすい

ディーラーの営業マンに一緒に乗ってもらい確認してもらいましたが、「ディスクブレーキが擦れる時の音ですね。冬場は発生しやすく、ある程度仕方がないです」と、身も蓋もない事を言われてしまいました。

さらに詳しく聞くと、

  • 夜の間に結露が起きてディスクローターの表面が濡れている事で発生する
  • 結露によって一晩の短い間でも見えない程度の錆びが発生してそれが擦れると音に繋がる
  • 冷えて鉄が縮みパッドの当たりが異なる

といった事が挙げられるそうです。

これは冬場の寒い日にはよく起きる事で不具合には該当しないとのこと。

ただし、ブレーキが効かずにふわっと進むような感覚があれば、別の原因が考えられ確認する必要があります。あくまでも問題なくブレーキが効く状態で冬場に異音がなるのは問題ないということです(多少効きが悪くなる事も起こり得るそうですが、フワッと進む感覚までいくと危険)。

私の車の場合も、走りだして暫くすると音が出なくなりますし、ブレーキが効かないという事もありません。おそらく、営業マンが説明してくれたこれらの原因によって異音が発生しているのでしょう。

「今年も冬のブレーキ音が発生しているなぁ」ぐらいの感覚で冬の風物詩として受け止めて問題なさそうです。

【関連記事】

ブレーキパッドの寿命と交換費用について

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-その他