らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

税金

普通車及び軽自動車の重量税一覧、還付金の計算方法

2017/10/29

購入した際に3年分、車検の毎に2年分、それぞれ自動車重量税を支払う必要があります。重量税とはその名の通り車体の重さで決まる税金です。ただし、軽自動車は重さに関係なく一律となっています。

車検証の交付を受ける人や車両番号の指定を受ける人が納税する立場にありますが、基本的に手続きはディーラーや車検に出すお店側でしてくれるので特別用意する物もありません。

スポンサーリンク

自動車重量税一覧

【軽自動車】

エコカー減税 エコカー減税なし
本則税率(エコカー) エコカー以外
免税 50%減 13年未満 13年経過 18年経過
免税 2,500円 5,000円 6,600円 8,200円 8,800円

【普通車】

重量 エコカー減税 エコカー減税なし
本則税率(エコカー) エコカー以外
免税 50%減 13年未満 13年経過 18年経過
0.5t未満 免税 2,500円 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
〜1t 免税 5,000円 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
〜1.5t 免税 7,500円 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
〜2t 免税 10,000円 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
〜2.5t 免税 12,500円 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
〜3t 免税 15,000円 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

こちらは、車検時に支払う2年分の重量税です。新車購入時には3年分支払うので1.5倍の支払額になると考えて下さい。

重さに関しては車検証で確認できます。どの項目に該当するかは、年式や減税によって変わってきます。

登録から13年経過すると税額が上がり、18年経過するとさらに上がります。

還付金がある

重量税には還付制度があるので廃車にした時に残月が1ヶ月分以上あると還付金として納税したお金が戻ってきます。

計算方法は、車検で2年分支払っている場合、

重量税÷24(2年)×残月=還付金

例えば、30,000円の重量税を支払って車検が1年残っている状態で売る場合は、

30,000÷24×12=15,000

となり、15,000円の還付金を受け取れます。

車を売却した時は還付金が発生しませんが、査定額に含まれる形で評価されます。

【その他の税金】

自動車税

自動車取得税

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-税金