らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

その他

車に水抜き剤は必要ない?使う意味やメリット・デメリット

今から10年ほど前までは、ガソリンスタンドでよく『水抜き剤』を勧められました。しかし、現在は、セルフスタンドが普及してスタッフと言葉を交わす機会が減りましたし、フルサービスのスタンドでも水抜き剤を勧められる機会は無くなったように感じます。

もしかしたら、10代や20代の人はその存在すら知らないかもしれませんね。

勧められなくなったという地点で水抜き剤はさほど必要のないもののようにも感じますが、改めて、水抜き剤の効果や意味について確認してみましょう。

スポンサーリンク

ガソリンタンクに水が入り込む理由

なぜ、ガソリンタンクに水が溜まるのか?

ガソリンに水が混じっているわけもありませんし、タンクを洗浄するわけでもないので水の入り込む要素がないように感じるかもしれません。

ですが、ガソリンタンクの中にはガソリンだけでなく『空気』も入っていますね。特にガソリンが空に近い状態ほど大量の空気が入り込んでいます。

そして、空気には『湿度』があり、水分が含まれています。空気中に漂っている水分が夜中など冷え込んだ時に結露を起こし、液状になりタンク内に溜まってしまうのです。こればかりは防ぎようがありません。

溜まる水はごく少量で問題はない

とはいっても、結露によって発生する水はさほど大量ではなく、エンジンの性能に大きな影響を与えるような事もありません。

その証拠に、ディーラーで水抜き剤を勧められる事はありませんし、車検の際に水抜き剤を勧められる事もまずないはずです。勧められるのは、やはりガソリンスタンドぐらいのものでしょう。

私は、これまで3台の車を乗り継いできて最高15万キロ走行しましたが水抜き剤は一度も使っていません。そして、水が原因でエンジンが不調になるような事も経験しませんでした。基本的にタンク内に間違って水を入れてしまうような事がない限りは水が原因で不調をきたすような事はありません。(水が大量に入るとエンジンが止まります)

仮に、若干の水がエンジンまで入り込んでもガソリンと一緒に燃焼するので問題ありません。

水抜き剤の役割

水抜き剤の本当の役割は、ガソリンタンクを錆びつかせないためのものです。

水に長時間触れていると金属はサビて劣化していく可能性があるので、金属製のタンクに長期間水が溜まるのは危険。

しかし、この問題も最近の車ではあまり関係のない事です。最近の車のガソリンタンクは樹脂製が採用されている事が多く、金属製だとしても内部コーティングがされているので錆びる心配がありません。

現在の車は基本的に水がガソリンタンクに溜まってもさほど気にする事ではないという事です。

水抜き剤の仕組み

水抜き剤の主成分は『アルコール』です。

水とガソリン(油)は性質上、分離してしまうので混ざり合いません。ですが、アルコールは水にも油にも溶け混ざり合います。その性質を利用してガソリンと水を混ぜ合わせてエンジンに水分を運び出し、燃焼させるのです。

水抜き剤を利用するかどうかは考え方次第ですが、カーショップなどで数百円ほどで売られていますので、もし、水が気になる場合は利用してみましょう。

※大量に入れると、金属、ゴム、樹脂が腐食する可能性があるので水抜き剤に記載されている利用方法を確認しましょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-その他