らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

事故関連

煽った相手が事故を起こしたらあたってなくても逮捕される

  • 前の車が遅くて煽ってしまった…
  • 割り込まれたので煽ってしまった…

このような行為をした事がある人、あるいはされた事がある人は少なくないかと思います。

しかし、こういった行為は相手が平常に運転できなくなる事態を招いてしまい、時には事故に繋がる事も…。

そして、接触をせずに煽られた車が事故を起こした場合は、一見、単独事故のようにも感じますが、煽った車に原因があるのなら、煽った車のドライバーが逮捕される可能性もあります。

スポンサーリンク

実際の事故例

昨年10月に神奈川県横浜市中区内でバイクが路上駐車していたトレーラーに追突した事故について、神奈川県警は8日、このバイクを煽るように追走していた乗用車が事故を誘発したとして58歳の男を危険運転致死容疑で逮捕した。容疑を否認しているという。

神奈川県警・交通捜査課によると、問題の事故は2012年10月4日の午後6時45分ごろ発生している。横浜市中区本牧ふ頭内の道路(3車線の直線区間)を走行していたバイクが路外に逸脱して、道路脇に駐車されていたトレーラー荷台の連結器部分に追突。この事故でバイクは転倒し、運転していた26歳の男性が全身強打で死亡した。

当初、警察では単独事故としていたが、事故直前にバイクを煽るように車間を詰めて追走する乗用車が目撃されており、警察ではこのクルマが事故を誘発させたものと判断。同区内に在住する58歳の男が容疑に関与したと断定し、危険運転致死容疑で逮捕した。

死亡した男性と逮捕された男は親族であり、同じ会社に勤務していた。聴取に対して男は「煽ったりしていない」などと供述し、容疑を否認しているようだ。警察では2人の間にトラブルがあった可能性もあるとみて、関係者から事情を聞く方針だ。

引用:response

この事故では、バイクが単独で事故を起こしていますが、「直前に煽られていた」という目撃情報から後ろを走っていた車の運転手が逮捕されています。

容疑を否認しているという事ですが、1年以上経過してからの逮捕となっているので警察側も関与を確信しての判断と思われます。どの程度かは分かりませんが、接近して走っていたのは間違いないでしょう。

捕まらないケースも多いのが現状…

前述の事故では目撃証言から逮捕に至っていますが、もし目撃証言がなかったら、おそらく逮捕される事はなかったでしょう。後方のドライブレコーダーを設置している人は少数派ですし、煽っていた側のドライブレコーダーのデータが出回るケースもほとんどありません。

コンビニ等の防犯カメラに映っていたとしても、ナンバーの確認は難しいでしょうし、煽っていた証拠になるかも微妙なところです。

ましてや、亡くなってしまう事故では煽られた側の証言もとれませんので尚更難しくなりそうです。

煽っていた側が逃げきれるのもどうかと思いますが、現状としてはあたっていないので証拠も残らず立証されないケースが多いという事です。

危険運転致死容疑

今回の逮捕は『危険運転致死』の容疑がかけられています。

基本的に交通事故で亡くなった場合、自動車運転過失致死が適用される事が多いのですが、悪質な危険運転が原因の場合は、危険運転致死罪となります。

危険運転とされるのは、

  • 飲酒
  • ドラック
  • 無免許
  • 暴走

などで、通常の運転から逸脱した行為で事故を起こした場合に適用されます。

直接あたっていない事故で適用されるのは稀ですが、『煽る』という危険行為が招いた事故として危険運転致死罪が適用されました。

刑罰の内容

【危険運転致死傷罪】

負傷した場合 15年以下の懲役
亡くなった場合 1年以上の有期懲役

一方、危険運転と判断されず自動車運転過失致死傷罪が適用された場合は、

『7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金』

で、多くの場合は罰金か出稿猶予がつく事になります。

危険運転が適用されると刑罰がいっきに重くなり、亡くなる事故を起こした場合は禁錮刑が確定するのです。

ただし、危険運転致死傷罪が適用されるのは稀です。ニュースで見かける「これは酷すぎる…」と思うような飲酒がからんだ事故でも適用されないケースもあります。被害者の気持ちを考えるとなんともいたたまれない気持ちになりますね…。

実際に27年度のデータを確認すると、自動車運転過失致死傷等での検挙人数は56万6,976人で、危険運転致死傷罪の検挙人数はわずか463人となっており、人身事故の1,000件に1件以下の計算です。

ただ、今回のような接触していない事故でも適用されたのは大きな進展かもしれませんね。守られるべきは被害者なので危険運転には厳しい罰則が求められます。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-事故関連