らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

事故関連

タクシーと事故!任意保険で営業補償可能。無保険の場合はいくら?

事故を起こした相手がタクシーだととてもやっかい!
こういった事を聞いた事があるかと思います。その理由は、事故の影響で車が使えなくなると、その期間仕事ができなくなるため、その分の営業補償をしなくてはならないからです。

まぁ、相手に損害を被った以上、当然の事なのですが確かにやっかいではありますね…。

スポンサーリンク

任意保険は対物保険で対応可能!

営業補償が請求される場合は、小さな事故でも任意保険を使った方が確実で手っ取り早いです。

任意保険は、対象物の修理や、怪我の治療費だけでなく、営業補償といった事故で発生したその他の費用もカバーしてくれます。適用されるのは対物保険です。

もし、加害者である場合は、相手への謝罪だけ済ませて、保険に任せっきりにしましょう。保険を利用すると、保険料の支払いが多少高くなりますが、それでも、営業補償を自身で行うよりはずっと安く済みますし、営業補償額が曖昧なので、保険を通さないとふっかけられてしまう可能性もあります。

任意保険に入っている場合は、相手がタクシーであっても直接支払うお金はないという事です。出費があるとしても、謝罪で菓子折りを持っていく程度でしょうか。かつて、私もタクシーと事故をおこした経験がありますが、タクシーの営業所に菓子折りを持っていきました…。その時の事故は、私の信号無視で10:0で私の責任です。任意保険の有り難みを感じます。

任意保険に入っていない場合の営業補償

任意保険に入っていない場合は、営業補償を自腹で支払うしかありません。稀に、任意保険に入っていないうえ、営業補償をゴネる人がいるようですが、常識的に考えて、車を使えなくした以上その分は支払うべきです。それに、タクシー業界は恐い世界と繋がっている可能性もありますし、理不尽な行動は避けた方が無難。

ただし、ここで注意したいのが、営業補償の金額です。

タクシーの売上は、1日あたり3〜5万円ほどとされているので、この金額がそのまま請求されるケースがあります。しかし、実際のところ燃料費など必要経費もかかっているので、この金額をまるまる支払う必要はありません。この金額で修理期間が1ヶ月などになると、100万円を超える金額にもなり、常識的な金額ではないのです。

補償金額は、保険会社を通した時に保険会社が支払う金額が妥当です。保険業界とタクシー業界は、事故があるたびに補償金額を決めるのではなく地域ごとに基準の金額を決めています。

東京が1日あたり8,000円で、その他の県では5,000円〜12,000円。金額は細かく公表されていませんが、最大でも12,000円なのでこれ以上の金額を請求された場合は納得しないようにしましょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-事故関連