らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

税金

自動車の購入や維持にかかる税金一覧・全種類。減税は?

2017/10/29

自動車の税金は取得(登録)した時と、車検時、その他にも毎年支払う税金などさまざまなものがあります。「車は維持費がかかる」といった事が言われますが、大きなウェイトを占めるのが税金です。

今回は、自動車にかかる税金について確認してみましょう。

スポンサーリンク

自動車取得税

自動車取得税は、その名前の通り車を取得(登録)した時にかかってくる税金です。

新車購入時だけではなく、中古車でも一定の価値がある場合には支払う必要があります。
※中古車は、経過年数に応じて残価率をかけて計算、50万円以下は取得税を必要としない

ただし、自動車取得税は、消費税が10%に引き上げられるのと同時に廃止される事が決まっていますので、2019年10月には無くなる予定です。

注意点として、中古車の場合は、経過年数に応じて残価率をかけるので販売価格が50万円以上で必要となるわけではないという事です。稀に、販売価格で取得税を取ろうとする悪質な業者もあるので注意が必要です。

自動車取得税を詳しく

自動車税

車を所有していると、毎年5月に税金の支払い請求がきますが、それが自動車税です。軽自動車の場合は軽自動車税と呼ばれます。

コンビニなどで支払う事が多いかと思いますが、その時、渡される領収書が車検などで必要になるので必ず保管するようにしましょう。

税額は排気量によって変わってきます。最大10万円を超えますので、憧れだけで購入する車を決めると、後々生活が苦しくなる可能性もあります。購入する予定の車が毎年いくらの自動車税を必要とするのか、しっかり把握しなくてはなりません。

軽自動車に関しては一律です。ただ、27年4月に新税率が適用されたので、27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車は新しい税額を支払う必要があります。
※中古車も遡って最初の新規検査のタイミングで決まる(27年3月より前に最初の検査があった中古車は昔の税額)。

自動車税を詳しく

自動車重量税

自動車重量税は、新車登録時と車検時に支払います。先ほどの自動車税は排気量で決まってきますが、こちらは、その名の通り重量によって税額が変わります。

税額を1年あたりにすると、重量によって4,100円〜25,000円ほどになりますが、多くの車が該当する金額は8,000円〜16,000円ほどとなっています。

また、中古車購入時に車検が残っている場合は、販売価格にその価値も含まれていて、別途重量税を支払う必要はありません。もし、請求された場合は、悪質な販売店の可能性が高いです。

自動車重量税を詳しく

消費税

購入時には、車体本体価格やオプションパーツ、登録手数料などに消費税がかかります。

また、車検時にも点検・整備料などに消費税がかかります。

税金には消費税がかからないので、前述の税金類には消費税がかかりません。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-税金