らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

その他

スペイドの査定額は下がりづらい?売りどきはいつ?

車を所有していると、『いつが売りどきなのか?』という事も気になる部分かと思います。せっかくなら高く売れる時に売りたいものですね。

今回は、スペイドについて掘り下げて考えてみましょう。

スポンサーリンク

独自路線は常に一定の需要がある

スペイドの最大の特徴といえば、

引用:http://toyota.jp/

助手席側が大きなスライドドアに対して、

運転席側がレンジ式のドア2枚となっているところです。

しいて言えば、昔のタントが近い作りでしたが、大きなスライドドア1枚で開く仕組みではありませんでしたし、実質、この特徴的な作りはスペイド(兄弟車のポルテを含む)独自のものとなっています。

もともとは初代で生産終了予定

スペイドは2012年に、ポルテが初めてモデルチェンジしたのと同時に兄弟車として販売が始まりました。その後、モデルチェンジは行われていないため、スペイドは初代モデルでありながら、初代ポルテのモデルチェンジ後のモデルとなります。少しややこしい解釈ですが…。

そして、初代ポルテはその奇抜なデザインからか、「継続して開発する予定はない」という事も発表されていました。しかし、初代モデルのポルテが予想以上の支持を受け2代目の開発へと繋がる事になります。

やはり、大型スライドドアという他にない特徴は、お子さんのいるご家庭などに、痒いところに手がとどく存在として受け入れられたのでしょう。

つまり、需要のある車という事になり、必然的に買取価格も高くなります。

スペイドは、初代ポルテの弱点をカバー

初代ポルテからの最も大きな変更点は、運転席側のレンジ式ドアが1枚から2枚になったという事です。

こちらは現行モデルのスペイドで、運転席側には後部座席にもドアがあり、2枚となっていますが、初代ポルテは運転席のみにドアがありました。

初代ポルテは人気がありましたが、この点に関しては不便を感じる人も多く、2代目で改善された形となっています。

そのため、ポルテのモデルチェンジ以降に販売開始となったスペイドは運転席側のドアが2枚あるのが通常となっています。その点も、当然の事ながら買取査定時の大きなプラス要素となります。

中古車の販売価格

引用:http://www.carsensor.net/

こちらは、『年式×価格』のスペイドの中古車価格表です。

2012年の発売当初でも平均して80万円ほどをキープしており、これは、ワンサイズ大きいミニバンとそれほど変わらない価格水準です。もちろん、新車での販売価格はミニバンの方が高くなりますので、そういった意味では値崩れがそこまで起きていない高値で売られている車種という事が言えます。やはり、先ほどのような有利な点が評価され一定の価格で取引されているようです。

こちらは、ポルテの中古車価格表ですが、運転席側が1枚ドアの2011年以前のモデルは価格がやや落ちているのが分かります。それでも有能な価格ではありますが、やはり、運転席側のドアを2枚にした点は大きく評価されているようです。

大きく値崩れする車種ではない

新車の販売台数に関しては、緩やかに減少傾向ではありますが、それでも中古車の販売価格は大きく崩れる傾向にはありません。むしろ、新車販売台数が多すぎても中古車市場に溢れかえって価格が暴落してしまうので売る観点から考えると新車が爆発的に売れないのも悪くない事かもしれません。

そして、ファミリー向けとして(スペイドに関しては若者向けでもある)常に需要があるので、今後も、いきなり値崩れするような事はないでしょう。

そのため、スペイドは慌てて「このタイミングに売らないと損!!」という事はありません。

お子さんが小さい場合でまだまだスペイドが活躍するといった場合は使い続けて、成長に伴い大型スライドドアの利便性がなくなってきたら、その時が売りどきかと思います。ようするに、売り急ぐ必要のない車種という事です。

ポイント
スペイドは中古車価格の下支えがしっかりしているので、売り時が特に決まっていません。

 

査定額は、50〜150万円に収まる事がほとんどです。また、FFより4WDの方が査定額があがる傾向にあります。走行距離が10万キロを超えると一気に査定額が下がりますが、これはどの車種にも共通している事なので仕方ありません。

兄弟車ポルテについても詳しく

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-その他