らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

その他

車のスモークフィルムの工賃・料金。違反で捕まる基準は?

ほとんどの車の窓はプライバシーガラスが採用されています。

しかし、時には、より濃いスモークにしたいと考えるなどスモークフィルムを貼る検討をする場合もあるかと思います。

スポンサーリンク

スモークフィルムの工賃

スモークフィルムの料金は、フィルムそのものの値段と工賃がかかります。

【料金の目安】

軽自動車・・・17,000〜30,000円

セダン・・・25,000〜40,000円

ワゴン・・・20,000〜30,000円

お店によって料金が異なってきますが、それでも殆どの場合、この金額の範囲内になるかと思います。

フィルム自体は1,000円もしない価格で売られているので、お店側の原価はもっと低い金額となるでしょう。そのため、万単位の費用の殆どが工賃という事になります。※工賃は12,000円〜になっている場合が多い(オートバックスなど)

実際、ある程度時間のかかる作業ですし、2人がかりで作業を進める事も少なくありません。こういった事情から工賃が高く設定されています。

しかし、工賃が高いからといって自分でフィルムを貼るのは大変な作業です。多くの場合、満足のいく完璧な仕上がりとはなりません。実際、前を走る車のフィルムが気泡だらけというのを見かけた事があるのではないでしょうか?あれは、自分自身で貼って失敗したという事です。

もちろん、丁寧に作業を行えば上手く貼る事も可能。参考までに動画を見て判断してみましょう。

スモークフィルムのメリット

「かっこいい」という意見でスモークフィルムを貼る人も多いかと思いますが、その他のメリットも確認してみましょう。

  • 紫外線対策
  • 車内の温度上昇を抑える
  • ガラスの飛散防止
  • プライバシー保護

購入当初からプライバシーガラス仕様となっていないのは、商用車やそもそもそういった設定のない欧州車など。好んでプライバシーガラスを選択していない場合は別ですが、長く愛用するのであれば早めにスモークフィルムを貼ったほうがいいかもしれません。

フルスモークは違法?

「フルスモークは違法で捕まる」という事を聞いた事があるかと思います。確かに、以前ほどフルスモークの車を見かける機会もなくなりました。

しかし、一定の基準を守っていれば前座席にスモークを貼っても問題ありません。

前面ガラス・運転席側面ガラス・助手席側面ガラス、これらの3箇所は、運転の視野を確保するために必要とされる可視光線の透過率70%以上が条件となります。

それ以下の透過率は違反です。とはいっても、ガラスの地点で透過率が80%ほどになっているので黒みがかったスモークは基本的にアウトです。日除け程度のフィルムならOKかもしれません。

警察車両には透過率を計測する機材が積まれているので、怪しいフィルムを貼っている場合は警察に止められ計測されます。

警察からは整備命令を受けるかと思いますが、整備命令に従わずにそのままで走行を続ける場合は、6ヶ月以下の懲役または20万円以下の罰金が科されます。

また、前面ガラス・運転席側面ガラス・助手席側面ガラス以外の窓に関しては、透過率の規定がないので濃いスモークを貼っても問題ありません。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-その他