らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

下取り

廃車になる車にお金を出して下取り!これは営業トークで実際は得しない

新しい車を買う時に下取りを利用する人が多いかと思います。車を買うお店と同じお店で手続きが出来るので最も手軽な方法です。

しかし、ディーラーは中古車の販売を生業にしているわけではありませんので、走行距離10万キロ以上や年式が10年以上前など、中古車としての価値が低い車は『廃車』として引き取られてしまいます。

廃車になる場合は、基本的に査定額が0円となります。その後流通する事がないので0円になるのも仕方がない事でしょう。

ですが、ディーラーの下取りに出すと、廃車になる車でも数万円程度の下取り価格を提示してくれる事があります。

廃車になるのに数万円が出ると、すごく得をしているように感じてしまいますが、思っているようなものと異なっているかもしれません。

スポンサーリンク

廃車に査定額がつく時は、他の値引きが低くなる

まず、ディーラーが廃車にお金を出す事はほぼ100%ありません。

もし、廃車になる車に数万円程度の査定額がついたとしたら、その分、値引きが少なくなるなどの調節がされてしまいます。

値引き交渉が済んでいる状態で、廃車に査定額がついた場合でも、値引きに余力を残していてそのお金を査定額にまわしたという事です。

営業マンは「交渉して、なんとか2万円で買い取れる事になりました!」といった都合のいい言い方をしてくるかと思いますが、実際には、値引き額からまわしている金額だと考えて下さい。

新車を売る利益は大きい

車は金額が大きいので1台あたりの利益も膨大です。(原価率は高いが、金額が大きいので利益も大きい)当然の事ながら、どれだけ値引き交渉をしてもディーラー側には一定の利益がありますし、「頑張って値引きしました」と営業マンがアピールしてきても一定の値引き余力を残している事が多いです。

そのため、下取りの車に数万円程度上乗せするだけで新しい車が売れるのであれば、その余力を使って査定額をつけたようにみせます。

もし、本当に限界まで値引きをしている場合は、廃車になる車に査定額をつける事はまずありません。

  • 廃車予定の車に査定額がつく・・・値引きの余地があった
  • 廃車予定の車に査定額がつかない・・・値引きの余地がない
ポイント
結局のところ、値引きの状態によって決まります。

 

下取りで廃車でも買取では買い取ってもらえる可能性が高い

買取店はディーラーと異なり、買取を生業としているので、海外に車を売るなどのディーラーにはない販売経路を確立しています。

海外では日本車が人気で10万キロを超えたような車でもバンバン売れます。国によっては10万キロを超えると税金が安くなるのでそういった部分も影響しているようです。

そのため、下取りでは『廃車』とされてしまった車でも、一定の金額で売れる事があります。時には、数十万円の査定額になる事もあるので、手間を惜しまず査定をうけるようにしましょう。

ディーラーでは値引き交渉を続ける

買取店で車を売ると、下取りに出せない分、ディーラーに支払うお金が増えますが、前述のように、廃車になる車についた査定額は値引きの余力からまわっている可能性が高いので、値引き交渉によってその分を値下げできる可能性は十分あります。

ディーラー側はあくまでも車を売りたいと考えていますので、「この金額になるなら今すぐサインします」といった強気な態度で値下げ交渉してみましょう。

買取店に高く売れるうえ、値下げも成功できたら理想の結果です。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-下取り