らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

廃車関連

廃車の流れ。一番手っ取り早い簡単な方法は?

『廃車』というと、車をスクラップにするようなイメージを思い浮かべるかと思いますが、厳密には、登録を抹消する作業を廃車と言います。

おそらく、この記事を読んでいる人の多くは『解体』を前提とした廃車方法を確認しているかと思いますが、順を追って説明します。

スポンサーリンク

廃車の種類

廃車とは登録を抹消する事ですが、登録の抹消には2種類の方法があります。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録

永久抹消登録

永久抹消登録とは、もう乗る事のない車をスクラップにする時などに使われます。

まさに、一般的な『廃車』のイメージが永久抹消登録という事です。

軽自動車の場合は、『解体返納』と呼ばれます。

一時抹消登録

当分は使わないけど、しばらくしたら使う。こういった場合は、一時的に廃車にする『一時抹消登録』を利用します。

廃車にしておくと税金を支払う必要がなくなるメリットがあるので、年単位で使わない場合は、一時的に廃車にするとコスト削減に繋がるのです。

軽自動車の場合は、『一時使用中止』と呼ばれます。

結局、使わなかった場合は

再び使う予定で『一時抹消登録』をしていたけど、乗る予定がなくなった。

こういった場合は、『解体届出(軽自動車も同じ)』を出します。一時抹消登録の状態から解体届出を出す事によって永久抹消登録と同じ意味合いになるのです。

軽自動車 普通車
もう乗る予定がない 解体返納 永久抹消登録
暫く乗る予定がない 一時使用中止 一時抹消登録
乗る予定で一旦廃車にしたけど乗る予定が無くなった 解体届出 解体届出

廃車の流れ

※基本的に買取店は廃車になる車でも買い取ってくれるうえ、ややこしい手続きも代わりに行なってくれるので最も簡単な方法です。詳しくは、後術で解説します。

廃車の流れ
ナンバープレートの取り外し

解体業者に連絡

解体業者側が必要書類を用意(業者側で用意できない書類の指示もある)

運輸支局でナンバーを返却

永久抹消登録の手続きを済ませる

 

以上が永久抹消登録の流れですが、一時抹消登録をする場合も解体業者に連絡する以外は同じです。ナンバーを外し、陸運支局で手続きをします。

手続きを済ませると、重量税や自動車税など前払いしている税金(未経過分)の還付金が受け取れます。還付金関連は廃車の手続きが終わると郵送で書類が届くので銀行に行き受け取るだけです。還付金のために新たな手続きをする必要はありません。

買取店で売れる可能性が高い!

所有者が「絶対廃車だ!!」と思うような車でも、買取店で査定を受けると多くの場合、買い取ってもらえます。

時には、海外の需要などから10万円以上の査定額がつくので、ただ廃車にしてしまうのではなく査定を受ける価値が十分あるでしょう。

また、解体すると判断された場合でも、『鉄スクラップ』としての価値があるので、軽自動車でも5,000円以上、普通車なら1万円から数万円程度の査定額がつく事が多くなっています。

鉄スクラップとしての価値

廃車料金をとられるどころかお金を受け取れるという事です。しかも、買取店なら車を取りに来てくれるので、手続きのためにわざわざ陸運支局に行ったりといった手間もかかりません。

ただし、買取店によってはこういった事に積極的ではない場合もありますので、複数の買取店の査定を受ける事が重要です。ネットの一括査定では一度の申し込みで最大10社の査定が受けられます。廃車予定の車が思わぬ高値で売れる事もありますので是非利用してみて下さい。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-廃車関連