らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

廃車関連

廃車料金。費用を浮かせる方法は?

車は10万キロを超えると、急激に価値が下がり、15万キロを超えると、中古車市場での価値はほぼなく、多くの場合『廃車』という扱いになります。

厳密に言うと、廃車とは、登録を抹消する事で、解体とは異なりますが、当記事では『解体』を廃車として説明を進めます。

スポンサーリンク

自分自身で廃車手続きを進める場合

ディーラーなどを通さずに廃車手続きを進める場合は、永久抹消登録をする必要があります。

永久抹消登録
永久抹消登録をする方法は、解体業者に連絡をして、解体作業を進めてから、陸運支局で手続きをする。

 

永久抹消登録でかかる費用は、

  • 解体費用
  • 永久抹消登録申請書代

で、おおよそ1〜2万円ほど。

申請書の料金は40円で、申請料金は無料です。そのため、かかる費用のほとんどが解体費用となっています。

また、一時的に廃車手続きをする『一時抹消登録』をしてから、その後『解体届出』を出しても、永久抹消登録と同じ状態になりますが、こちらの費用もほぼ同じで1〜2万円が目安となります。

一時抹消登録
一時抹消登録は、暫く使う予定がない車などを一時的に廃車にしておく方法(税金がかからないメリットがある)で、結局使わない事になり、そのまま廃車(解体)にする事も多く、廃車にする場合は、解体後『解体届出』を出す事になる。

 

廃車料金の内訳は、廃車代が0〜1万円ほど。車を持ち込めない場合は、引き取りにきてもらうのでその費用が1〜1万5千円ほど必要になります。

永久登録抹消を詳しく

一時抹消登録を詳しく

自分で手続きするのは手間…。廃車手続きを代行してもらうには

廃車の手続きはさほど大変な作業ではありませんが、陸運支局に赴く事などを考えると、できれば業者に代行してもらいたいところです。

解体業者に依頼

解体業者に解体を依頼する時に、手続きの代行についても確認してみましょう。もし、有料で代行するようであれば、少し勿体ないかもしれませんが、無料で代行してくれる業者も少なくありません。

ディーラーで下取り

もし、買い替えをする場合は、ディーラーに引き渡しましょう。

ほとんどのケースで無料引き取りとなり、手続きも全て代行して進めてくれます。

買取店で査定を受ける

もっともおすすめできる方法は、買取店に売るという方法です。

車は解体したとしても『鉄スクラップ』としての価値があるため、一定の価値があります。

また、車としては廃車の場合でもパーツの部品取り車として使える場合があります。

そのため、買取店では、1〜2万円ほどの金額で廃車になる車を買い取る事も少なくないのです。

また、海外で需要のある車などは、10万円ほどで買い取られる事もあります。廃車だと思っていた車が10万円で売れたら最高ですよね。

ただし、廃車の買取に積極的ではない業者もあるので、ネットの一括査定に申し込み、予め興味を示した買取店の査定だけを受けましょう。そうする事によって手間も省けます。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-廃車関連