らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

廃車関連

分かりやすい!永久抹消登録と一時抹消登録の廃車の違い、比較

『廃車=解体』というイメージが先行していますが、実際には、廃車とは登録を抹消する事を指す言葉です。

そして、登録を抹消する方法は2種類。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録

これらがあります。

これらの違いを確認してみましょう。

スポンサーリンク

永久抹消登録とは?

永久抹消登録とはその名の通り、永久的に登録を抹消する事です。

永久抹消登録をする時は、先に車の解体が必要です。解体した後、それの報告も兼ねて永久抹消登録を行います。そのため、再び登録し直すような事もできません。

直接、解体業者に持ち込んだ場合は、登録の手続きを自分で行う事もありますが、基本的には、下取りや買取業者に車を引き渡して、手続きをしてもらいます。

自分で行う場合は、

  • 普通車・・・陸運支局
  • 軽自動車・・・軽自動車検査協会

必要書類を持ってこれらの場所に行く形となります。

永久抹消登録の詳しい方法や手順

一時抹消登録とは?

一時抹消登録とは、使わない車を一時的に登録抹消する方法です。登録抹消する事によって税金を支払う必要がなくなりますし、これまで支払った税金に未経過分がある場合は、その分の還付も受けられます。

車検に関しても受ける必要がありません。

一時抹消登録をしている間も車を所有する事になりますが、抹消期間中に運転をするのはNG行為です。

永久登録抹消は解体を前提にしていますが、一時抹消登録は解体せず、再び乗る事を前提としています。

もし、そのまま乗らない事になり、永久的な廃車に切り替える場合は、解体を済ませた後で、解体届出を行うことになります。

ポイント
一時抹消登録から解体届出を行う事によって、永久抹消登録と同じく再び登録できない状態になる。

 

一時抹消登録の詳しい手順や方法

永久抹消登録と解体届出の手続きをする前に買取査定を受ける

永久抹消登録や解体届出を自分で行うのは手間がかかりますし、多くの場合、解体費用も数万円程度必要とします。

一方で、買取に出した場合は、廃車に関する手続きもしてくれるうえ、廃車になる車でも買い取ってくれる事があります。

買い取る理由は、『鉄スクラップ』としての価値や『部品取り』としての価値があるからです。

鉄スクラップとしては1台あたり数万円程度の価値になりますし、部品取りは、事故を起こした人などが安く車を直すために使われ、日本全国に需要があります。

また、本人が廃車だと判断した車でも海外では需要があるケースもあり、時には10万円ほどの値段で買い取ってくれる事もあります。

正直、ただ廃車にしてしまうのは損です。

しかし、全ての買取業者が廃車の買取に積極的なわけではありません。時には査定に出したのに買取拒否という事も…。

こういった無駄を省く方法として『ネットの一括査定』があります。一括査定では一回の申し込みで複数社に見積り依頼が完了し、買取に興味を示した業者のみとコンタクトを取る事になります。

そのため、査定を受けたのに売れないという心配がありません。1分間の簡単入力で申し込みが完了するので是非利用してみましょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-廃車関連