らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

査定・買取・見積もり

車のリセールバリューとは?重要な項目をピックアップ

車は長年利用できるものですが、無限に使う事はできずに、いずれは買い替える時がきます。これは最新の品質が向上した車も一緒ですね。

一般的には10万キロあたりで買い替えを意識し始める事が多いかと思いますし、それ以外にも5万キロほどで買い替える人や、10年といった時間経過で買い替えを検討する人もいるかと思います。

こういった事を考えると、『売る時の事を考えて車を買う』というのも大切な要素となってきますね。

そして、買ったものを売る時の価値を『リセールバリュー』と呼びます。『リセール』は再び売るという事で『バリュー』は価値という事です。

スポンサーリンク

新車か中古車かはそこまで重要ではない

「売る事を前提とするなら新車で買ったほうが高い値段で売れるのでは?」

と考えてしまいがちですが、車を売る人が新車で買ったか、中古車で買ったかは、売る時にはそこまで重視される点とはなりません。

もちろん、ワンオーナー車というのは一つの付加価値となるので、多少の影響はあるかもしれませんが、微々たるものでしょう。それより重要なのは、走行距離が少ない事や年式が新しい事、中古車市場で人気のある車種かどうかという事。

ワンオーナー車でもこれらが良くない条件の場合は、高値で売れる事はありませんし、逆に中古車で買った車でもこれらの条件が良い場合は高値で売れる事になります。

どういった点がリセールバリューに影響を与える?

それでは、どういった点がリセールバリューに影響を与えるのか一つ一つ確認してみましょう。

走行距離が多すぎても少なすぎてもNG

走行距離は1年につき1万キロが一つの基準となります。走行距離が1年に2万キロといった形で極端に多いと、車への負担も大きくなるので査定額が下がる事になりますし、逆に1年に3,000キロなど極端に少ない場合も、走行距離が少ない事が原因で査定額が下がる可能性があります。使われていない機械は調子が悪くなりますが、車にも同じ事が言えるのです。

高く売るには、年式に対して適切な走行距離という事も重要。また、10万キロを超えると極端に査定額が下がりますので、高値で売るには8万キロ以内に売るという事も重要です。

高年式車

年式の新しい車ほど高値で売れます。

理由としては、

  • 今後も長く乗れる
  • モデルチェンジしていない場合は見た目も古く見えない
  • 新車は部品によって3年保証や5年保証がついており、年式が新しく保証期間内の場合はこれらの保証が引き継げる

これらが挙げられます。

こういった好条件の中古車は魅力的ですね。高値で売れる中古車は買取価格も高くなります。

グレード

多くの車種で、3〜5つほどのグレードがあります。例えば、ワゴンRの場合、一番下のグレードではエンジンも異なり燃費も2割ほど悪くなっています。もちろん、新車時には安く買えますが、売る時に高く売れないのは言うまでもありませんね。

高く売る事を想定して買う場合は、その車種の人気グレードや最も高いグレードがおすすめです。こういったグレードは利用時の満足度も高くなりますし、売る時に高く売れます。

人気色

売る事を想定して車を買う場合、色の選択肢も重要です。

基本的に最も高く売れる色は『黒』で、次が『白』、その次が『シルバー』となります。それ以外の色は売る時に10万円以上価格を下げてしまうかもしれません。

特に奇抜な、ビビットカラーの車などは、中古車市場で敬遠されてしまい思わぬ安値になってしまう事も…。

もちろん、自分好みの車に乗る事も重要ですが、売る事を想定して買う場合は、黒、白、シルバーから選ぶのが無難。特に黒は間違いありません。

装備品

ETCやナビを必要とする人は少なくないので、これらの装備品が付いている車は高く売れる事になります。特にサンルーフなど、新車で購入した時にしか選択できないオプションは好まれる事になるでしょう。

とはいっても、新車購入時にそれらのオプションに対して支払った金額ほどプラスになるわけではないので、必要なものだけ付ければOKです。ただ、「売る事を想定して付けない」と考えてしまうより、「売る時に少なからずお金が戻るし、自分が理想とする車を使いたいから付けよう」といった感覚を重視する事も重要です。売る時の事も重要ですが、それでも長年自分が使う事を想定した選択肢を選ぶ必要があります。

※色も好みで選ぶ事が重要ですが、パールホワイトなどを選ばない限り支払う金額が同じなので装飾品とは条件が異なっています。

廃車まで乗るなら考える必要はない

リセールバリューとは、あくまでも売る時を想定した話となるので、廃車まで乗る(乗り潰す)予定の場合は、そもそも売らないので考える必要もありません。

もし、廃車まで乗るか分からないという場合は、これまで乗ってきた車を振り返って考えてみて下さい。

「廃車まで乗った」という場合は、リセールバリューを考える必要はありません。逆に「5年以内に乗り換えた」という場合は考えた方がいいでしょう。

また、査定額が5万円切るほど利用した場合も、そこまで考える必要はありません。5万円切る場合は、10万キロ以上走行し、年式もそこそこ古い状態だったと思いますので、リセールバリューを考慮に入れて車を購入してもそこまで大きな影響が出ないでしょう。

初めて車を買う場合は、これらのデータが無いかと思いますので、そういった場合は、リセールバリューを考慮に入れた方がいいでしょう。初めて買った車は、「ここがもっとこうなら便利なのに…」といった不満点が出る事も少なくないので買い替えをする可能性も高くなります。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-査定・買取・見積もり