らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

査定・買取・見積もり

売った後に査定額が減額された!これって有効なの?違法?

「車を売る契約をして、車を引き渡したのに、その後、減額の請求をされた…」

ネット上の情報を確認していると、こういった話しをよく目にします。

こういった事があると、

  • 減額は違法行為なのでは?
  • 減額は有効なのか?
  • 拒否できるのか?

という疑問が浮かぶかと思います。

スポンサーリンク

売り手側にも瑕疵担保責任がある

瑕疵担保責任
売買などの有償の契約で、目的の物に通常(一般の人)の注意では発見できない欠陥がある場合に、売り主などが負うべき賠償責任。

 

売り手側には『瑕疵担保責任』があり、

  • 事故修理歴
  • エンジンの不具合
  • その他、分かっている故障箇所

これらは、査定の際に全て伝えなくてはなりません。

そして、これらを伝えていない状態で、後々、これらの不具合が発覚すると、瑕疵担保責任に該当する事になり、減額請求に応じる必要があります。

ただ、事故修復歴や査定時にしっかり確認していれば分かるような故障に関しては、査定時に見抜けない買取店側の責任も生じます。そのため、あくまでも査定では分からないような部分の減額のみに応じるだけで、「それは査定時に分かったことでしょ?」という部分に関しては応じる必要がありません。

大前提として、把握している事故歴などは全て伝える必要がありますが、瑕疵担保責任で減額が請求されても相手に責任があり納得いかないケースでは断る権利があるという事です。

よくあるのが、買取業者が、買い取った車をオートオークションに出品した際に、事故歴が発覚して減額請求してくるというもの。

もし、事故歴を把握して伝えていなかった場合は、責任が生じますが、査定時にそれを見抜けなかった買取店にも落ち度はありますので、減額に応じるかどうかは微妙なラインです。友人から譲ってもらった車などは事故歴を把握していない事も多いので、知らなかった場合は減額に必ずしも応じる必要はありません。

国民生活センターに相談

もし、減額請求に納得がいかない場合で、買取店の減額請求がしつこい場合は、国民生活センターに相談しましょう。弁護士でもいいのですが、お金がかかるので本末転倒です。

国民生活センターが間に入ると、業者側は基本的に強気な態度ではいられません。悪質と判断されれば、企業名を公表されてしまうケースもあるので、たった一つの瑕疵担保責任に対してリスクをおうような事はできないのです。

ポイント
国民生活センターは第三者機関で、一方的に味方になってくれるわけではありませんが、間に入ってもらう効果は絶大です。

『事故歴がある』と嘘をつかれるケースも

大手買取店ではまずありませんが、個人店などに車を売った場合は、事故歴がないのに「修復した形跡があるから減額する」といった悪質な対応をされる可能性もあります。

高値をつけて契約をさせておいて、後々、査定額を下げてくるのです。

身に覚えがない修復歴などを指摘された場合は、応じる必要はありません。もし、そういった指摘をされた場合は、アポを取らずにそのお店に出向いて下さい。そして、その場で修復歴を一緒に確認してもらいましょう。アポを取ると細工されるかもしれませんが、アポを取らなければ、細工される事もありません。

本来、契約書をかわした地点で売買契約が成立し、クーリングオフもできませんが、こういった悪質なケースでは、契約破棄を突きつけて構いません。音声を録音しておくと、後々のトラブルにも対応しやすくなるでしょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-査定・買取・見積もり