らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

査定・買取・見積もり

車の買取額はどうやって決まる?お店によって数十万円違う理由は?

当サイトでも紹介してきましたが、車を高く売るポイントは複数の買取店に査定をしてもらう事です。その理由は、お店によって買取額が全く異なっているから。

時には、A社では50万円だった車がB社では130万円の値がついたといった極端な例も起こります。これは、けして稀な事ではなく、ほとんどの車で査定額に数十万円程度の差がつくと考えて下さい。

では、なぜ、このようにお店によって査定額に大きな差が出るのか?その理由を探ってみましょう。

スポンサーリンク

基本となる査定方法は同じ

お店によって査定方法が異なるイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実は、査定方法自体は、日本自動車査定協会によって定められており、どの買取店でも変わりません。チェックシートのようなものがあり、それに沿って1ヶ所づつ確認していくようなイメージです。

ただ、一方で、買取金額に関しては“相場”はあるものの、最終的には査定士に委ねられ、査定士次第で大きく変わってきます。

確認される項目

  • 外装の傷・劣化
  • 事故歴
  • 内装の汚れや臭い
  • 年式に対して走行距離が多すぎないか
  • エンジンの調子(音や回転)
  • 足回りの状態
  • タイヤの状態
  • 車検の残日数

車の車種や年式、走行距離、グレード、色などから基準となる買取金額を算出してこれらのチェック項目を加味していきます。

加減方式

日本自動車査定協会がとっている査定方式は『加減方式』となっています。

例えば、

【バッテリー】

  • バッテリーが弱っている⇒マイナス
  • バッテリーが通常⇒標準状態(プラマイ0)
  • バッテリーが新品に近い⇒プラス

【タイヤ】

  • タイヤの溝が少なく交換が必要⇒マイナス
  • タイヤの状態が通常⇒標準状態
  • タイヤの状態がいい⇒プラス

【内装】

  • 内装が汚い⇒マイナス
  • 内装が通常⇒標準状態
  • 内装が綺麗⇒プラス

加減方式は、新しい車ほど厳密に行われ、査定額に大きな影響を与えます。

古い車の場合は、そもそも、基本価格が低いのでこれらの加減で査定額が大きく変わるという事がないのです。

例えば、古い車の車体に小キズがあってもそこまで気にしませんよね?その一方で新しい車の小キズは目立ちますし、買い取った後の販売値を下げる事にも繋がります。

買取店によって買取価格が大きく異る理由

買取店によって価格が異なる理由は、

  • 販売網の違い
  • 需要の違い

まず、この二つが大きな影響を与えます。

【販売網の違い】

買取店が買い取った車は、自社の販売ルートで販売するか、業者向けのオートオークションに出品するか、このいずれかの方法で売られます。

まず、自社の販売ルートをメインにしている場合は、その需要に応じて価格が変動します。一方、オートオークションをメインにしている場合は、オークション価格がそのまま反映されるので、大きく買い取り値が上がる事がない一方で大きく下がる事もありません。

【需要の違い】

売ろうとしている車を買取店がどの程度必要としているのか、この要素も買取価格に大きな影響を与えます。

近年はミニバンが人気なので、どの買取店でもミニバンの買い取りには力を入れており、比較的高値で売れます。また、在庫が不足している車種に関しても、買い取りに力をいれています。

例えば、軽自動車で圧倒的な人気を誇るN−BOXの在庫が2台しかないお店と、10台あるお店なら、N−BOXを必要とするユーザーにとって魅力なのは10台の在庫を抱えたお店ですね。大きな店舗ほど人気車種を多く用意しようとします。ユーザーに選択の幅を持たせるのはそのお店の魅力の一つになるからです。そのため、常に一定数を用意したい車種に関しては高値で買い取る傾向にあります。

また、査定した車を欲しがっている人がいて200万円で売れそうなら、通常時の査定額が100万円でも、150万円出してでもその車を買い取りたいと判断します。そういった場合は、他店の買取店より大きな金額となるでしょう。

タイミング次第でも大きく変動するという事です。

査定士の予想によっても金額が大きく変動する

買取店も商売なので、できることなら1円でも安く買い取って少しでも利益を増やしたいと考えます。

そして、査定額は決まった金額がないので、査定士のさじ加減ひとつで大きく変動します。そのため、利益を増やすために「これぐらいの金額なら売ってもらえるのでは」という予想を加味した金額を提示してくる事がほとんどです。最初から買い取れるギリギリの金額を出してくる事はありません。

高値を引き出すには一括見積りが必須!

以上のような買取店の事情がある中で少しでも高く車を売るには、冒頭で触れたように複数の買取店の査定を受ける事が必須です。

1店舗だけでは本気の査定額が提示される事はありませんので、買取店同士で競ってもらい査定額を吊り上げていく必要があるのです。

何回も査定を受けるのは手間がかかるように感じるかもしれませんが、出張査定で自宅まで来てもらう事も可能ですし、1日にまとめて複数の査定を受ければさほど時間も必要としません。

何より、複数の査定を受ける事により何十万円、時には100万円近い違いが出るのはとても大きいですよね。次の車購入にも大きな影響を与える金額です。

高値で売るポイントは手間を惜しまずに貪欲に高値を狙う事です。長年愛用した車が高値で売れるのは嬉しいものですよ。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-査定・買取・見積もり