らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

下取り

下取りを後回しにして値引き交渉!ディーラーの本音を引き出す!

ディーラーで車を買う場合、乗ってきた車に対して「あちらのお車は下取りに出されますか?」と確認してきます。

ディーラー側は、下取りの金額によって新しい車の値下げ額を増やしたりするなど、お得感を出す事が可能なので、早い段階から下取り車の有無を確認してくるのです。

しかし、下取りに出す気であっても「下取りは取り敢えず考えていません」と答えてみて下さい。

そうする事によって、ディーラー側は、下取り車のない、本音の販売価格で勝負するしかなくなります。

スポンサーリンク

早い段階で下取りの見積りを出すデメリット

下取りに出すと、多くの場合、値引き額と混合した状態で下取り価格が決められます。

例えば、下取り価格を気にしているお客さんには、下取り価格を高めに設定して、その分、値引きを少なくしたり、

逆に、値引き交渉をしてくるお客さんには、下取り価格を低めに設定して、その分、値引きを大きくするなど。

ディーラー側はこれらの金額を調節する事によって『お得感』を出す事が可能なのです。

しかし、「下取りを考えていない」と伝えた場合は、下取り無しの純粋な値引き額で勝負するしかありません。
その中で、お得感を出すには、値引きをどれだけ頑張るかにかかってくるのです。

例えば、最初に下取りも検討した場合に、

  • 車の値引き額・・・30万円
  • 下取り価格・・・20万円

このような金額になったとしましょう。

しかし、これは、本来の下取り価格が30万円の中、10万円分値引きにまわしただけかもしれません。つまり、値引きは実質20万円。こういった中で「30万円も値引きしてくれた!」と喜んでしまうと思う壺です。

一方、下取りに出さずに、価格交渉した場合、

  • 値引き額・・・25万円

本来は、20万円の値引きが丁度いい中、少しでもお得感を出すために5万円上乗せしてくれるかもしれません。純粋に値引き勝負となっているので大きく値引く可能性が高まるのです。

そして、その後、持っている車を「やっぱり下取りに出す」と言えば、

  • 下取り価格・・・30万円

こちらも値引きとの調節をする事なく、本音の金額を出してくれる可能性が高いです。
※先に値引き交渉をされているので、是が非でも売りたいという心理が働くので、下手に駆け引きをする可能性が低い
※ここで下取り価格を低くすると売れない可能性が出る

こういった事情から、下取りに出す場合は、買う車の価格交渉を先にした方が得をする可能性が高いという事が言えます。

買取店とも比較

下取りなしの金額を出しているので、下取りと買取店の比較もしやすくなります。

買取店は、出張査定をしてくれるので、是非見積りを出してもらいましょう。

下取りとの比較は、そのまま金額を比べるだけでOK。シンプルに下取りが30万円で買取が40万円なら買取店の方が10万円お得という事です。

また、買取店は、下取りと異なり、複数社で比較検討が可能です。

ネットの一括査定に申し込むと、1分ほどの入力で複数社に見積り依頼が完了します。買取店同士で競ってくれるので思わぬ高値が引き出せるかもしれません。

多くの場合、下取りより高値になるので手間を惜しまず査定を受けてみましょう。

買取店に売るのを決めた場合は、新しい車の納車日に合わせて、買取店が古い車を取りに来てくれます。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-下取り