らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

その他

普通免許で運転できる車のサイズ。2トン?4トン?8トンは運転不可?

特殊な車両を除くと、普通自動車免許の他に、大型免許と中型免許があります。

名前の通りですが、普通自動車免許とは、一般的に取得されている免許証で、大型免許は最も大きなサイズのトラックなどが運転できる免許、中型免許はそれらの中間サイズが運転できる免許となっています。

今回のテーマである普通免許で運転できるサイズは、平成19年6月を境に基準が異なってきます。平成19年6月2日以降に免許を取得した人は新しい免許基準が適用され、『2トントラックまで』となっており、それ以前に取得した人は、『4トントラックまで』となっています。

スポンサーリンク

運転できる車の違い

大型免許 中型免許 新普通免許 旧普通免許
重量 11トン以上 5〜11トン 5トン未満 8トン未満
積載量 6.5トン以上 3〜6.5トン 3トン未満 5トン未満
定員 30人以上 11〜29人 10人未満 10人未満

平成19年以前の旧普通免許を確認すると種類が『中型』となっており、『中型車は中型車(8t)に限る』と書かれています。

注意したいのは、ここでいう『8トン』とは車体重量の事で積載量ではないという事。よく旧普通車免許は8トン車まで運転できると間違えて解釈している人がいますが、『8トン車』という言い方は車体重量ではなく積載量が8トンという事になるので、大型免許でしか運転できないサイズとなります。

旧普通免許の積載量は5トン未満となっているので、運転できるのは4トン車までです。少しややこしいのですが、『未満』という言い方はその数字が含まれないので5トンは運転できないという事になり、尚且つ『4トン車』に区分されるのは『4〜4.9トンの積載量のトラック』となるので、4トン車までが運転できるという事になるのです。

一方、平成19年6月以降の新普通免許は『3トン未満』の積載量までとなっているので、運転できるのは『2〜2.9トン』が該当する『2トン車』までとなります。

ポイント
旧普通免許は免許の種類で『中型』に分類されていますが、通常の中型免許と運転できるサイズが異なっているので注意が必要。

 

中型免許の取得条件

中型免許の取得には一定の条件があります。

  • 年齢・・・20歳以上
  • 大型特殊もしくは普通免許を取得後、2年以上経過

大型特殊も普通免許も18歳にならないと取れないので、それから2年以上の経験が必要(ペーパードライバーでも取得可能)となり、いずれにしても、経験を積んでいる間に20歳は超えます。そのため、20歳以上というのはあまり関係ないかもしれません。それよりも、普通免許を取得してから2年以上経過しているかどうかが重要です。

取得費用は20万円〜。

大型免許の取得条件

  • 年齢21歳以上
  • 大型特殊もしくは普通免許を取得後、3年以上経過

大型免許は先程の中型免許より+1年の経験を必要とします(ペーパードライバーでも取得できる)。3年の経験を必要とするので最短でも21歳です。

取得費用は30万円〜。中型免許を持っている人は費用がやや安くなります。とはいっても、中型を持っていない状態でいきなり大型免許を取った方がトータルの費用は安くなるので、いずれにしても大型免許を必要とする場合は、最初から大型免許を目指した方がいいでしょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-その他