らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

個人間の売買

車の所有者が違う!!個人売買で名義変更が出来なかった場合

車を知人に売ろう(譲ろう)としたところ、「車の所有権が異なっているから名義変更ができない」という事を言われた。

という人は少なくないかと思います。

もし、所有者の欄が自分以外になっている場合は、その所有者を自分に移さないと勝手に売る事はできません。例え、使っているのが自分でも所有者が違うという事は、人のものということ。それを売るわけにはいきません。

スポンサーリンク

考えられるパターンは2つ

所有者が自分以外になっている時に考えられるのは、

  • 自分以外の家族名義になっている
  • 信託会社名義になっている

これらの2種類です。もし、これ以外の人が所有者になっているイレギュラーな状態になっている場合は、その人に連絡をとり名義変更についてのやりとりをしなくてはなりません。

家族が所有者または、それ以外の人が所有者の場合(信託会社以外)

まず、自分以外の家族が所有者の場合は、

  • 譲渡証明書(旧所有者の実印が押印してあるもの)
  • 旧所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)
  • 旧所有者の委任状(旧所有者の実印が押印してあるもの)

これらの3点を旧所有者である家族に用意してもらう必要があります。

家族以外の第三者が所有者になっている場合にも用意する書類は同じです。もちろん、車を所有している第三者に承諾をもらったうえでこれらの書類を用意してもらいましょう。

信託会社が所有者になっている場合

ディーラーローンを組んで車を購入して、尚且つ、現在もローンを支払っている途中の場合は、信託会社が所有者になっているかと思います。

もし、支払い終わっている場合は、いつでも所有者を自分に移す事が可能ですので、車検証の所有者欄に記載されている信託会社に連絡をして所有権を移したい旨を伝えましょう。そうすると、所有権留保解除に関する書類が送られてくるかと思いますので、必要項目を記入して返送すれば所有者の名義変更が済みます。

所有権留保解除を詳しく

もし、ローンが残っている中で知人に譲る場合は、

  1. 残っているローンを一括で支払う
  2. 知人に車を売ったお金でローンを支払う
  3. 先に知人から車の代金を受け取ってローンの支払にあてる

これらの手段を使わなくてはなりません。最もいい手段は、ローンを一括で支払ってしまうという方法ですが、お金が足りない場合は他の手段を選ばなくてはなりません。

2の方法は買取店などに売った場合には有効な手段ですが、知人に売る場合は、社会的信用が企業より低いので信託会社が認めてくれない場合が多くあまり有効とは言えません。

3は、知人との信頼関係が築けていないと難しい手段ですが、車を引き渡す前に現金を受け取り、そのお金を使ってローンを支払うという方法です。2が有効ではないので、ローンの残高が支払いきれない時に譲る知人と相談して決めましょう。

結婚などで名前が異なる場合は

結婚や離婚などで名前が変わった場合や、引っ越しなどで住所が変わった場合は、住民票や戸籍謄本など、現在の住所と名前、そして車検証の住所と名前の繋がりを証明する書類が必要になります。

役場等で発行してもらえるので、申請前に用意するようにしましょう。手数料は300円が相場です。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-個人間の売買