らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

個人間の売買

注意点!軽自動車の名義変更で旧所有者の印鑑を持っていく必要はない

軽自動車を知人(家族・友人・同僚など)から譲ってもらう(売ってもらう)場合、事前に新使用者の住民票、車検証の原本、申請依頼書(申請依頼書は、新所有者と旧所有者が一緒に申請に行く場合は不要)を用意する必要がありますが、それとは別に、『軽自動車検査協会で書く書類に旧所有者の印鑑が必要だから印鑑を用意しなくてはならない』という情報をチラホラ見かけます。

しかし、この情報は間違っています。事前に用意できる書類次第で改めて印鑑を押す機会はなくなります。

スポンサーリンク

印鑑は申請依頼書に押してあればOK

先日、軽自動車を親戚から譲り受け、実際に軽自動車検査協会で名義変更をする機会があったのですが、念の為、旧所有者の印鑑も借りて行く事に。

ポイント
私は、新所有者という立場で申請に行きました。旧所有者が申請に行く場合も申請依頼書に新所有者の手続き代行許可の印鑑を押して軽自動車検査協会に行く事になるので今回の話が当てはまります。

 

そして、軽自動車検査協会でその場で記入する書類を手渡されたのですが、その書類には実際に印鑑を押す場所もありました。

こちらは、書き方の見本ですが、赤丸の15という項目が旧所有者の名前を書く欄で、その横には『印』を押す場所があります。

しかし、受付の人に「ここに旧所有者の印鑑を押すんですね?」と尋ねると、

「いえ、申請依頼書の方に旧所有者の印鑑がつかれているので、そちらを併用できます。改めて印鑑を押す必要はありません」

との一言が。

軽自動車検査協会で入手する書類にも旧所有者の印鑑を押す場所がありますが、事前に手続き代行の許可を得るために作った『申請依頼書』に旧所有者の印鑑を押してあればOKという事のようです。※ちなみに、認印でOK

周りを見渡すと、中古車販売店やタイヤ屋、カーショップのジャンバーを着た人が沢山いましたが、その人たちは、お客さんの手続きを代行しているという事になります。考えてみたら、お店で車を買った場合の名義変更の手続はお店側が行うのが当たり前ですが、お店側がお客さんの大切な印鑑を預かるなんて事はまずできません。こういった事情もあってか、印鑑を改めてつくような仕組みにはなっていないようです。

今回は、親戚から印鑑を借りましたが、親戚という立場であっても印鑑を借りられるというのは相手にとってあまり気分のいい事ではなかったことでしょう。

「旧所有者の印鑑も持っていく必要がある」という情報を多く見かけますが、申請依頼書をしっかり作ってあれば借りる必要はありません。名義変更を予定している人の参考になればと思います。

軽自動車の名義変更で使う書類・手順

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-個人間の売買