らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

ローン

自動車ローンの種類と金利の違い。どれがおすすめ?

車はけして安い買い物ではないので多くの人がローンを組んで購入する事になるかと思います。

その時に迷うのが「どの方法でローンを組むべきか…」という事。車のローンは、『カーローン』と一括りで言われる事が多いのですが、実際には、

  • ディーラーローン
  • 銀行系ローン
  • 損保保険会社
  • JA

など、さまざまなローンを組む方法があり、中でもほとんどの人が利用するのが『ディーラーローン』と『銀行系ローン』となっています。

スポンサーリンク

ディーラーローン

ポイント
・審査が甘い
・手続きが楽
・金利が高い

 

最も多くの人に利用されるカーローンは『ディーラーローン』となっています。

ディーラーローンのメリットは、手続きが楽で審査が甘いという部分があります。

ディーラーローンは、ディーラーにお金を借りるのではなく、ディーラーと提携している信託会社にお金を借りる形になります。

最大の特徴は、ローンが支払い終わるまでの間、車の所有者が信託会社になっているという事。

これは、リスクをおさえる役割があります。もし、ローンの支払いができなくなるようなら、信託会社の所有物になっている車を引き上げて売却し、そのお金をローン返済に充てるという判断ができるようになっているのです。

このようにリスクをおさえているため、審査を甘くする事ができるのです。

ただし、金利は銀行系ローンに比べると高めに設定されています。

その地域で契約している信託会社によって金利の設定が異なっているので、同じトヨタだとしても一律とはなっていませんが、3%〜8%ほどが相場です。例えば、東京トヨタでは7%ほどの金利ですが、福岡では4%ほどです。

一方、銀行系ローンは2〜4%ほどが相場となっており、1.5倍〜2倍ほど金利が異なっています。借りる金額が大きいと10万円以上支払額に差がでる事もあるのでこの違いはかなり大きいと言えるでしょう。

ディーラーローンの審査

ディーラーローンの審査が甘めとはいっても一定の基準があり、それを満たしていない場合は、審査が通りません。

審査で重要な項目
・一定の収入が断続的にある事
・信用情報に問題がない事

 

細かな事を書いている記事もありますが、結局のところ重要なのはこの2つの項目です。

一定の収入は200万円が一つの基準になり、200万円を切ると審査が通らなかったり、ローンを組める上限が低くなる事が多いです。
また、断続収入である事も重要で、入社1年目などは通らない事も多くなっています。働いている会社の信用度によっても変わるので「何年目ならOK」という明確な数字はありませんが、3年が安泰の数字で、2年はローンが組めるかどうかのボーダーラインとなっています。

信用情報に関しては、借金の有無や未払いのものがあるかなどが重視されます。

  • 他にもローンがある場合は、そのローンの支払が滞っていないか
  • 借り入れの件数が多くないか
  • キャッシングなどをしていないか
  • 携帯電話料金の支払いが滞っていないか

これらが主に確認される項目です。

これらがあると確実に通らないという事ではありませんが、審査が通らない可能性は高まります。お金の支払いが出来ていない人や支払い額が多い人にお金を貸さないのは当然の判断なので仕方がありません。

もし、心当たりがある場合は、事前に支払いましょう。

ディーラー側の判断で、審査が難しいと判断された場合は、

  • 頭金を増やしましょう
  • グレードを下げませんか?
  • 連帯保証人をつけて下さい

といった提案がされる事もあります。

ディーラーローンをもっと詳しく解説

銀行系ローン

ポイント
・金利が低い
・審査が厳しい
・手続きが大変

 

銀行系ローンは、銀行や信用金庫などの金融機関が行なっているローンです。JAも金融機関となるので銀行系ローンと言われます。

銀行系ローンの最大のメリットは、金利が安いという事です。

ディーラーローンに比べて半分ほどの金利になる事もあり、時には2%を切る時もあります。ディーラーローンでは8%ほどになる事も多いのでこの差はかなり大きいという事が言えるでしょう。

ただし、審査はディーラーローンに比べて厳しいので通らない人も多くなっています。銀行系ローンでは車の所有者が最初から購入者となっているため、お金を貸す側のリクスもディーラーローンより高く、その分、厳しくなっているのです。

また、手続きの際には、年収を証明するために、源泉徴収票や確定申告書を必要としますし、車の購入を証明するために見積書なども必要です。審査の期間も1週間ほどかかる事が多くディーラーローンに比べると長くなっています。

銀行系ローンの審査

審査で重要な項目
・一定の収入が断続的にある事
・信用情報に問題がない事

 

審査で重要な項目はディーラーローンと変わりません。ただ、それぞれの項目がより厳しく審査されます。

年収に関しては200万円を超えても通らない事がありますし、3年働いていても通らない事もあります。会社の安定性や信用度、過去の離職歴なども影響します。

信用情報に関しても、ディーラーローンでは借り入れ件数が4件あると厳しいとされますが、銀行系では2件あると厳しくなると言われます。

キャッシングやカードローンに関しても審査のために事前に返済した方がいいでしょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-ローン