らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

ローン

売る車にローンが残っていても新しく買う車のローンに上乗せで支払える

時には、10年といった長期のローンを組む事もありますので、ローンが残っているまま車を手放すケースは少なくありません。例えば、買い替えや、事故などで廃車になる場合などですね。

こういった場合は、残ったローンを新しい車のローンに上乗せして支払う事も可能です。

スポンサーリンク

ディーラーローンの場合は、所有権を移す

銀行系ローンの場合は、車の所有権が購入者にあるので売却も廃車も可能ですが、ディーラーでローンを組んでいる場合は、ローンが払い終わるまで所有者が信託会社となっているので、勝手に売却したり廃車にしたりという事ができません。

まずは、所有権留保解除を行う必要があるので、車を購入したディーラーで相談してみて下さい。今後の支払いの見通しが立つ場合は、問題なく所有権を移行するか、売却に必要な委任状などを用意してくれるはずです。

車を売却した場合は、売った代金をローンの残高に充填する事になります。

売却したお金でローンが支払いきれない時の選択肢

もし、車を売却してもローンを支払いきれない場合は、以下の選択肢から支払い方法を選ばなくてはなりません。

残りのローンを支払う方法
・残りを現金で支払う
・ローンを組み直して支払う
・新しい車のローンに上乗せして一緒に支払う

 

手軽な方法は現金で支払う方法ですが、用意できない場合は他の二つの選択肢から選ばなくてはなりません。

ローンを組み直す方法は、残金が100万円だとしたら、新たに100万円分のローンを組むという方法です。当然審査を必要とします。

そして、最後が新しい車のローンに上乗せする方法です。少しややこしいのですが、新たに組むローン会社が前のローンの残債を支払う形になります。

上乗せする危険性

上乗せする事によって一つのローンにまとめる事が可能ですが、当然以前のローン分支払い額が多いので毎月の支払いも負担が大きくなります。

100万円分のローンが残っていれば、その分をまるまる増やす事になるのです。それに、新たに組んだ場合は、返済期間も長くなるかと思いますので、その分、金利の支払額も大きくなります。

雪だるま式に借金が増えていくという表現を聞く事がありますが、ローンが残っているままで新しい車に買い替える事を繰り返すといずれ支払いが厳しく生活にも支障をきたす時がくるかもしれません。

事故などで買い替えが必要という場合は、仕方がないかもしれませんが、ただ単純に「車が気に入らないから」といった理由でローンが残っているうちに買い替えるのはおすすめしません(現金で残高を支払える場合は問題ありませんが)。せめて、ローンが終わってからの買い替えを検討しましょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-ローン