らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

税金

簡単!軽自動車の軽自動車税納税証明書を再発行する方法

車検や車を売る際に必要な書類として『自動車税納税証明書』というものがありますが、毎年5月に支払いその領収書が自動車税納税証明書になる仕組みのため、無くしてしまう人は少なくありません。

多くの人がコンビニなどで支払っているかと思いますが、支払った際に渡される半券が自動車税納税証明書となります。

今回は、その中でも軽自動車の納税証明書に関して解説します。

普通車に関してはこちら⇒普通車の自動車税納税証明書を無くした!再発行する方法

スポンサーリンク

軽自動車は普通車と異なる

自動車税納税証明書は車検や車を売る時に必要となるので、無くした場合は再発行する事になりますが、注意したいのは、普通車と軽自動車の納税証明書は発行元が異なるという事です。

『自動車税納税証明書 再発行』で検索をすると多くの場合、普通車の自動車税の情報が出てきますので、それらの方法では再発行できないのです。

軽自動車税納税証明書の再発行方法

再発行できる場所

再発行する場所は、市町村の役所にある納税課です。

必要な物

  • 車検証
  • 印鑑
  • 身分証明証

印鑑を必要としない事もあるようですが、持って行った方が無難です。

費用

費用は自治体によって異なりますが、無料で発行される事が多くなっています。

費用がかかるとしても300円前後が多いので500円ほど持っていけば間違いないでしょう。不安な場合は事前に電話で確認してみて下さい。

発行にかかる時間

軽自動車税が納税されている場合は、即座に再発行されますが、滞納がある場合は、税金を納めないと発行されません。

お店側に取り寄せてもらう事も可能

委任状を書けば、買取などを行うお店側が納税証明書を代行して取り寄せてくれます。

ただし、手数料を必要とします。

※手数料はお店によって異なります。無料の場合も。

車検までに再発行できない場合

時間がなく、再発行が出来なかった場合は、お店側が代行して取り寄せる事になります。そのため、車検が受けられないといった事態にはなりません。

ですが、納税の不備などがあってはいけないので事前に再発行しておいた方が無難です。

税金を納めていたつもりで、「実は忘れていた」という事も少なくありません。納税できていない場合は、当然車検も受けられません。

納税証明書は車検証と一緒に保管!

無くしてしまいがちな納税証明書ですが、車に載せたままにしている車検証と一緒に保管しておくと無くす心配もありません。

納税した際に渡される半券は必要な物という事を頭に入れて、保管するくせをつけましょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-税金