らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

個人間の売買

個人間で車を売買する時に確認したい項目・注意点・チェックポイント

2017/11/19

車の個人売買は、中古車市場の1割を占めるとされており、けして珍しい事ではありません。

しかし、現状としてトラブルに発展するケースは中古車販売店から買った場合に比べると多いとされています。理由としては、売買にあたり、改めて整備をされていないという点や、税金に対する取り決めが不十分であったという点などがあります。

具体的に個人間の売買ではどういった点に注意するべきかを確認していきましょう。

スポンサーリンク

個人間で車を売買する時に注意するべき点

個人間で車を売買する時は、基本的にどんな状態であっても双方が納得すれば売買が成立します。極端な話、大きな事故で中古車市場に出回らないような車でも買う側がOKとすれば売買成立です。

そして、買う側としては「事故歴があっても数年ぐらいはもつだろう」といった気持ちを持っていたのかもしれませんが、買った翌月には壊れてしまうという事も考えられます。

そういった場合は、買った側の「こんなに早く壊れるのはひどすぎる」という意見と、売った側の「事故歴を把握して買ったんだし、買ってから文句を言うのはおかしい」という意見がぶつかりトラブルになってしまうのです。

これは極端な例ですが、場合によってはごく些細な事でもトラブルに発展してしまう事があります。トラブルを起こさないためには、その原因を少しでも減らす事が重要です。

売買の相手が信用できる人か見極める

個人売買で最も重要なのはどういった人と車の売買を行うのか?という事。信用出来ない人、何かと文句を言う人、クセの強い人、こういった認識を持っている人との取り引きはトラブルの原因となるので控えるようにしましょう。

売る側は買う人の人間性を、買う側は売る人の人間性を考慮にいれる必要があります。

また、こういった事情から、よく知らない人との売買はやめた方が無難です。

契約書で瑕疵担保責任についての取り決めをする

売った後の故障がどちらの責任になるのかという事を契約書を作りしっかりと決めておきましょう。基本的には、売主側の責任にはならないという事を記載する事になります。

ただし、事故歴や故障を隠して売った場合は、虚偽という事になるので売主側の責任になります。

ちなみに、私が過去に親戚に売った時は、車体代金は無料で、半年前に受けた車検の代金を残月分(18ヶ月分)受け取りました。そして、万が一壊れても修理費等は一切払わないかわり、次の車検までに壊れた場合は、その段階で残っている車検残月分の車検代金を返金するという取り決めをしました。(例えば、車検を半年残して壊れた場合は半年分の車検代を返金する)

契約書を作ってしっかりと取り決めをしておく事が重要という事です。

車の状態

買う側は絶対に事前に車を確認する必要がありますし、売る側としても必ず確認してもらうようにしましょう。

細かい傷やヘコみ、車内の汚れ臭いなど。口頭では伝えられない事が多く、確認なしで売った場合は「思っていたのと違った」という感情を与える事が多々ありトラブルに繋がりかねません。

事故歴・修復歴・走行距離・年式

修復歴はもちろんの事、修復歴にはならない事故の有無や、走行距離・年式も重要です。

買う側が車の状態を詳しく知る必要があるのは当然の事ですし、売る側としても、文句を後々言われた場合に「確認したでしょ?」という事が強く言えます。

税金の取り決め

重量税や自賠責保険に関しては、車検時に支払うので車検の残月に応じて車体の売買価格を調節する事になりますが、自動車税に関しては、車検に関係なく5月に請求がくるので、別途、取り決めを考えておかないとトラブルに繋がりかねません。

自動車税は4月1日時点の車の所有者に対して、5月に納付通知が届くようになっています。そして、請求されるのは4月〜3月分の1年分で、5月の支払いでは後払いと前払いが混在している事になります。

もっとも、一般的な取り決めとしては、新所有者が所有する期間に応じて、旧所有者に税金分を支払うという方法。

例えば、8月から新所有者の手に車が渡った場合、8月〜3月の8ヶ月分の自動車税を支払うべき立場にあるので、旧所有者が5月に支払っている自動車税額÷12(1年)×8(ヶ月)という計算式で出た金額を旧所有者に支払えば平等に税金を支払った事になります。

廃車の場合は、自動車税の還付を受けられるのですが個人売買で名義が変わっただけでは還付金は発生しません。双方が納得するように個人間で支払額を調節する必要があるので、売買成立前に必ず話し合っておきましょう。最もトラブルが発生しやすい項目となります。

【さらに詳しく確認!】

買う側の注意点

売る側の注意点

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-個人間の売買