らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

車を買う

購入予定の中古車のヘコみ傷は購入店で直す?購入後、違う店で直す?

中古車は『現状渡し』といった形でヘコみや傷がそのままの状態で売られている場合もあります。

そういったマイナス要素があるほど中古車は安い価格で売られる事になりますので、購入者側からは魅力のある車となる部分もあるでしょう。

しかし、そのヘコみや傷がフロントの一番目立つ場所だったりするとさすがに抵抗がありますよね…。たまに目立つヘコみのまま走行している車を見かけますが、思わず車も運転している人も見てしまいます。「自分がつけたヘコみじゃないのに…」と思っても周りには理解してもらえません。

そのため、「せっかく買うんだし直してから使おう」と思うのは自然な流れです。

そして修理方法は、

  • 車を購入する販売店で修理をする
  • 購入後に他の整備工場で修理をする

の2つが考えられます。

今回は、双方のメリット・デメリットを確認してみましょう。

スポンサーリンク

販売店で修理をしてもらう場合

販売店で修理をする最大のメリットは乗り出す時までに修理が済むという事です。購入時の契約に修理の項目が追加される事になり、手間がかかりません。

ただし、中古車販売店では板金加工の整備工場を備えていない場合も多いので、そういった場合は、他の整備工場に外注に出される事になります。そのため、外注先の費用+販売店側の利益が上乗せされるため、料金が高くなる傾向にあります。

販売店に板金加工の設備がある場合は、安い料金で直してもらえる可能性がありますが、設備のある販売店の多くは店頭に並べる前に修理しているので、修理してもらう場合の多くが外注になると考えて下さい。

多少高くても1箇所で済ませたいという場合は、販売店で修理しましょう。

購入後に他のお店で修理してもらう場合

購入後に修理をする場合は、販売店で修理するのと違い、購入した車を持ち込んで別のお店で修理してもらう事になるので、その分、手間がかかる事になります。

ただ、その反面、外注に出すという中間マージンが無くなるので、安く済む事になります。

ただし、板金に関しては、仕上がりに応じて料金がピンからキリまであるので注意が必要です。おそらく、修理されないまま販売されていた中古車はそれ相応の状態かと思いますので、最低限の修理で十分かとは思います。いくつかの整備工場で見積もりを出し納得のいく金額を提示してくれたお店で修理しましょう。安いから仕上がりが極端に悪いといった事もありません。

購入前に見積もりを出しておくのがベスト

販売店で修理をすると高くつく可能性がありますが、必ずしも高いとは限りませんし、許せる範囲の料金かもしれません。それに、できる事なら購入前に修理した方が手間がかからず“楽”です。

そのため、事前にヘコみや傷の状態を写真などに撮り、整備工場で見積もりを出してもらい、販売店の修理代金と比較してみましょう。

比較した結果、販売店の方が安い場合や変わらない場合は販売店で修理した方がいいという事になりますし、許せる範囲の違いならそれも販売店で修理した方がいいという事になります。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-車を買う