らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

乗り方

燃料を無駄にせず燃費を良くする10の簡単な方法

テレビcmを見ていると燃費の良い魅力的な車が沢山目に入るかもしません。ですが、燃費が良い車が発売されたからといって簡単に買い替えるわけにもいきませんね…。

そこで重要になってくるのが持っている車で少しでも燃費良く走行するという事。

今回、紹介するのはごくごく基本的な事から応用編まで。眉唾ものではなくどれも効果のある事なので是非実践してみましょう。

スポンサーリンク

燃費をUPさせる方法

無駄な加速を止める

基本中の基本かもしれませんが、加速をする時が最も燃料を使う瞬間なので無駄な加速を極力減らすと燃費向上に繋がります。

他人の運転する車に乗っていてよく思うのが、

『減速する箇所が確認できているのにアクセルから足を離さない』

という部分。

前方にカーブがある場合や、信号、一時停止がある場合など、減速や停止をする事が分かっている場合は、アクセルから足を離すようにしましょう。

急発進

軽自動車でよく見かけますが、パワーがない関係もあってか、エンジンの回転を極端に上げて発信する人がいます。

ゆっくり発進するだけでも燃費向上に繋がるので意識してみましょう。最初はストレスに感じるかもしれませんが、慣れればゆっくりとした発進でも違和感が無くなるはずです。

ブレーキの回数を減らす

ブレーキの回数が多いという事は、それだけ無駄に加速をしていた事になり、燃費にもいいことではありません。

「ポンピングブレーキだから」という理由で連続してブレーキを踏む人がいますが、ポンピングは、最初は減速せずブレーキランプを光らせる程度、2回目のブレーキでしっかり減速、3回目で停止位置の調節です。ただ何回もブレーキを踏むという事ではありません。

停止中はニュートラルに入れる

信号で赤になったばかりの場面などで停止する場合は、ニュートラルに入れた方が燃費が良くなります。

ただし、数秒程度だと逆に燃費に悪影響とされるので注意も必要です。

また、ニュートラルの状態は道路の傾斜によって車体が動いてしまうのでブレーキは踏んだままで過ごしましょう。

※アイドリングストップ搭載車はエンジンが止まるのでニュートラルに入れる必要はない

タイヤの空気圧を2ヶ月に1回ほどチェック

最近の軽自動車は、タイヤの空気圧が高く設定されていますが、これは、空気圧が高いほど燃費アップに繋がるからです。※ただし、空気圧が高いほど跳ねる印象が強くなり乗り心地に悪影響

そのため、空気圧を小まめに確認して適切な状態を保ちましょう。空気圧は数ヶ月程度で下がってしまい、そのままでは燃費が悪くなります。

アイドリングストップを利用

稀に、アイドリングストップ機能を嫌い、機能をオフにしてしまう人が居ますが、当然、アイドリングストップ機能を使った方が燃費がアップします。

アイドリングストップ機能がない車で信号待ちの際にエンジンを切っている車を見かけますが、バッテリーが耐えられないので止めましょう。

オイル交換をする

エンジンオイルが汚れた状態ではエンジンの機能をフルに発揮できなくなってしまいます。

明らかに燃費が悪くなった時にはエンジンが既に限界を迎えている可能性が高いですが、把握できていない場合でも徐々に燃費が落ちているので指定された通りの頻度で交換するようにしましょう。

適切なエンジンオイルを使う

低燃費の車は、さらさらのエンジンオイルを使う事によってフルに力を発揮しますが、車検で指定なくエンジンオイルを交換した場合や、キャンペーンの安いオイル交換をした場合は、どのエンジンでも利用できるやや粘土の高いオイルを入れられてしまいます。

それで故障するような事はありませんが、燃費は落ちるので注意が必要です。追加料金を支払ってでもさらさらのオイルを利用した方がいいかもしれません。

エアコンを極力利用しない

稀に、冬場でもエアコンを入れている人がいますが、基本的に暖房機能はエンジンの熱で決まるので、エアコンをオンにしたところで暖かくなりません。

冬場のエアコンは窓ガラスが曇った時だけに利用しましょう。

無駄な物を載せない

自動車メーカーは、モデルチェンジの度に車の軽量化を図ってきます。理由は、軽いほうが加速に余裕ができ燃費アップに繋がるからです。

これは、車内に荷物を積んでも同じで、重みがあるほど燃費には悪影響を与えます。
もし、使わない物が載ったままになっている場合は、降ろすようにしましょう。

最後に

こんな事で燃費が変わるの?という意見もあるかもしれませんが、もし、全てを実践できるのであれば、目に見えた違いを感じるようになるかもしれません。

それだけ、運転方法の工夫や燃費アップの注意点が与える燃費への影響は大きいのです。

まずは、実践してみましょう。目に見える違いが感じられればきっと継続もできるはずです。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-乗り方