らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

整備

【本当に交換する意味ある?】車の消耗品の交換時期一覧

車検を受けたり、整備点検をすると「〇〇もそろそろ交換した方がいいですね」と、必ずなにかしらの消耗品の交換を勧められるかと思います。

確かに、車にはさまざまな消耗品があり交換が必要になる部品も多いのですが、お店によっては、利益を優先して度が過ぎる交換を勧めてくる事も…。知識がないと、まだまだ使える部品を交換させられるかもしれません。

やはり、車を所有している以上、オーナー自身が基本的な交換時期を把握しておく事が大切です。

スポンサーリンク

エンジン関連の消耗品

エンジンオイル

5,000km毎、もしくは1年に1回交換。メーカーによって推奨時期が異なりますが、こちらは基本的な推奨時期となります。

メーカー毎に詳しく

エレメント

エレメントは、エンジンオイルに混ざる不純物を取り除くフィルターの役割を果たしており、エンジンオイルを2回交換する毎に1回かえる必要があります。

※1万キロに1回もしくは2年1回

冷却水

冷却水はロング・ライフ・クーラント(LLC)とも呼ばれ、もともとは車検の度に交換が必要な消耗品です。

ただ、近年の車は長寿命タイプが多く、その場合は、新車から7年経過した時、もしくは16万キロでの交換で済みます。

ATF

ATFはオートマオイルとも呼ばれ、オートマ車(CVTも含む)のみに使われている消耗品です。

交換時期は、メーカーによって推奨時期が異なっていますが、1度も交換しないまま廃車になる車も少なくありません。そういった場合は、15万キロを超えたあたりでATFが原因で寿命となる事が多くなります。

※1度も交換せず10万キロを超えると、交換した事がキッカケで目詰りを起こす可能性があり、交換ができない

交換不可となる前に交換するには5万キロ毎あたりが適切です。交換費用が1万円以上かかりますが長く愛用したい場合は、交換するようにしましょう。

エアクリーナーエレメント

エアクリーナーエレメントは、エンジンに取り入れる空気を綺麗にするフィルターです。

このフィルターが目詰りを起こすと、エンジンの性能を下げ、負荷をかける事になってしまいます。

交換の目安は、50,000kmに1回で、シビアな環境(空気が汚れる)で使っている場合は、25,000kmに1回のペースで交換しましょう。

詳しい交換時期や工賃のかからない自分で交換する方法

スパークプラグ

スパークプラグは、ガソリンに点火させるための火花をとばす役目を担っており、徐々にススがついた状態となり、役目を果たせなくなります。

交換推奨時期は、20,000〜30,000kmに1回のペースが推奨されています。

その他の交換部品

バッテリー

バッテリーは使い方によって消耗度が大きく変わってきます。早い場合は2年ほど、長い時は5年ほど問題なく使えます。

バッテリーの電気が弱まると、エンジンの始動がスムーズにいかなかったり、前照灯の明るさが安定しなかったりといった現象が起こります。そういった現象が起きた場合は、早めに交換をしましょう。また、違和感がなくても5年以上使っている場合は、交換をお勧めします。

ブレーキパッド

ブレーキパッドは、新品時に10mmで、1万キロにつき1mmのペースで減ります。交換が推奨される時期は3mmを切ったあたりで、その頃からブレーキを踏む度に「キーキー」という異音が発生するようになるでしょう。

交換費用は、1ヶ所につき13,000円ほど。お店によっては5mmを切ったあたりから交換を勧めてきますが、そのタイミングで交換するのは勿体無いので「何ミリなのか」という事をしっかりと確認して3mm以下で交換するようにしましょう。

ブレーキパッドについて詳しく

ブレーキフルード

ブレーキオイルと呼ばれる事もありますが、正確にはブレーキフルード。

油圧式のブレーキに使われている作動油で、水分が入りやすい性質から2年に1回の交換が必要になります。

あまり交換意識のない消耗品かもしれませんが、車検の度に交換するのが理想です。

ブレーキフルードについて詳しく

エアコンフィルター

車内の空気に関わるフィルターです。カビ等で悪臭が発生したり、悪臭が発生しなくても徐々に汚れるものなので交換が推奨されます。

交換時期は、フィルターの種類によって異なり、10,000〜30,000kmに1回となっています。少なくとも3万キロに1回は交換したいところです。

詳しい交換時期や工賃のかからない自分で交換する方法

中古車を購入する場合は、どの部品が交換済みか確認しよう

中古車を購入する場合は、その車の消耗品の交換時期を把握しておくと今後のメンテナンスがしやすくなります。

  • 販売店側の整備でどの消耗品が交換されたか確認
  • もし交換していない部品で交換頻度の高い消耗品がある場合は、購入時に交換する(オイル交換等)

交換頻度の高くない部品に関しては、車検の都度確認して先ほどの上記の交換目安と照らし合わせて交換判断をしてみて下さい。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-整備