らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

廃車関連

【一覧表】軽自動車の廃車で必要な書類やもの

『廃車=解体』というイメージが強いかもしれませんが、実際には解体するだけではなく、使用を中止する事も廃車という言い方になります。

今回は、解体する廃車、使用を中止する廃車、軽自動車でそれぞれの手続きをする場合に必要な書類やものについて解説します。

スポンサーリンク

解体する廃車

軽自動車を解体する場合の手続きは『解体返納』と呼ばれます。

解体返納に必要なもの
1,使用者の印鑑
2,所有者の印鑑
3,自動車検査証
4,使用済自動車引取証明書
5,ナンバープレート
6,解体届出書
7,軽自動車税申告書

 

1,使用者の印鑑

個人で使用の場合は、認印もしくは署名。

法人で使用の場合は、代表者印もしくは署名。

2,所有者の印鑑

所有者が異なる場合は、所有者の印鑑も必要。

個人なら認印。法人なら代表者印。署名ではなく印鑑が必要です。

3,自動車検査証

いわゆる車検証です。

4,使用済自動車引取証明書

解体業者などに車を引き渡した際に渡される書類。

5,ナンバープレート

解体業者に車を渡した際に取り外して返却されます。

6,解体届出書

手続きをする軽自動車査定協会の窓口で入手できます。

7,軽自動車税申告書

手続きをする軽自動車査定協会の窓口で入手できます。

解体返納の料金や手続きの手順について詳しく

一時的に廃車にする

一時的に廃車にする場合は、一時使用中止(自動車検査証返納届)と呼ばれる手続きが必要です。廃車にすると税金を支払わずに済むなどのメリットがあるので1年以上乗る予定がない場合などに利用します。

一時使用中止に必要なもの
1,自動車検査証
2,使用者の印鑑
3,ナンバープレート
4,自動車検査証返納証明書交付申請書
5,自動車検査証返納届出書
6,事業用自動車等連絡書
7,軽自動車税申告書

 

1,自動車検査証

いわゆる車検証です。

2,使用者の印鑑

車検証に記載されている使用者の印鑑

個人の場合は、認印もしくは署名。

法人の場合は、代表者印もしくは署名。

3,ナンバープレート

ドライバーで簡単に取り外し可能。

4,自動車検査証返納証明書交付申請書

手続きをする軽自動車査定協会の窓口で入手できます。

5,自動車検査証返納届出書

手続きをする軽自動車査定協会の窓口で入手できます。

6,事業用自動車等連絡書

事業用で黒ナンバーの場合に必要。管轄の陸運支局に連絡して下さい。

7,軽自動車税申告書

手続きをする軽自動車査定協会の窓口で入手できます。

一時使用中止の料金や手続きの手順について詳しく

一時使用中止した車を解体する

再び使うつもりで一時使用中止していた車をそのまま解体するという事も少なくないかと思います。

その場合に必要な手続きが解体届出となります。

解体届出に必要なもの
1,所有者の印鑑
2,使用済自動車引取証明書
3,解体届出書

 

1,所有者の印鑑

個人の場合は、認印。

法人の場合は、代表者印。

署名ではなく印鑑が必要です。

2,使用済自動車引取証明書

解体業者などに車を引き渡した際に渡される書類です。

3,解体届出書

手続きをする軽自動車査定協会の窓口で入手できます。

解体届出の料金や手続き手順について詳しく

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-廃車関連