らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

査定・買取・見積もり

中古車の委託販売の仕組み。メリット・デメリットを理解してリスク回避!

車を売る手段は、買取店に売る、ディーラーに下取りに出す、これらが主流ですが、『委託販売』を利用する人もいます。

委託販売は、中古車を販売しているお店に、売りたい車を置かせてもらい、買い手がついたらその代金を受け取るというものです。

お店側には、保管料や管理料という名目で手数料を支払います。

また、車を店頭に置かないで買い手がつくまで乗り続ける方法を取り入れているお店もあります。この場合は保管料を必要としませんので管理料のみを支払う形となります。

スポンサーリンク

委託販売のメリット

委託販売のメリットはなんといっても価格を自分で決められるという事。

愛着を持って乗ってきた車は自分の思う価格で売りたいものですが、それを実現しやすい手段となります。実際に、委託販売は、店頭相場で売る事が可能ですので、売れた場合は、買取相場より高値になるはずです。満足できる価格にはしやすい手段と言えるでしょう。

また、以下のような場合も有効。

「カスタマイズを沢山してあるし、欲しい人なら200万円でも出すはず…」

改造をした車は基本的に高く買い取ってもらえません。好みが分かれるので買い手がつかず在庫になってしまう可能性が高いからです。改造すればするほど、査定額は厳しいものになるでしょう。

しかし、「欲しい人なら200万円でも出す…」というのもまた事実です。そういった改造を好む人からすれば魅力的な車となるからです。

こういったケースでも時には有効な手段といえます。ただし、あくまでも好みが分かれる車が満足のいく価格で売れるのは稀です。

ポイント
買取に出すより、高く売れる可能性がある!

 

委託販売のデメリット

委託販売は、高く売れる可能性が高い反面、デメリットやリスクも大きい売却方法となっています。

保管料が高い

委託販売は、たとえ売れなくても、毎月、保管料・管理料を必要とします。月5,000円ほどからのお店もありますが、時には、2万円ほど必要とする場合も。

仮に毎月2万円支払うとしたら、1年売れないと手数料だけで24万円支払う事に…。

車を置かない形にして管理料のみを支払うのなら安く済みますが、置かないスタイルでは売れる確率も一気に下がってしまいます。

売れなくても手数料を必要とするのが委託販売の最大のデメリットと言えます。

お店側に値下げを提案される

しばらく売れないと、お店側が値下げを提案してくる事が多いです。

「この価格では売れない」と、プロから言われてしまうと、当初考えていた価格より値下げする事になるでしょう。

売れないと、価値が下がった頃にお店に買い取られる

委託販売で売れ残ると、「安くても売りたい…、手数料がばかにならない…」という心理が働きます。

その結果、車を置いていたお店に安値で買い取られるケースが多くなります。

お店側としては、手数料ももらえたうえ、安く車も手に入るので、かなり美味しい話となるでしょう。

委託販売は、お店側のメリットも大きいのです。

ポイント
売れ残った時のリスクが大きい!

 

店頭相場をしっかり調べてから売る!

以上のようなシステムのため、売れ残る期間が長いほど支払う金額が増えるうえ、車の価値も下がってしまいます。

そのため、委託販売で重要なのは“出来るだけ早く売る”という事です。

そのためには、店頭相場を知る必要があります。相場の価格か、やや相場より安い価格にすると売れやすいでしょう。

簡単な方法としてカーセンサーの店頭相場表を利用してみて下さい。売りたい車種を選択するだけで店頭相場の確認ができます。

店頭相場を調べる

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-査定・買取・見積もり