らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

下取り

下取りと買取の正確な損得を確認する方法

車を買い替える人の多くが『下取り』を利用するかと思いますが、下取りの金額は非常に曖昧です。

大前提として新しい車を購入しているので、新しい車の値引き額やオプションパーツの値引き額、など、さまざまな数字と一緒になって算出されており、非常に分かりづらいものとなっているのです。

スポンサーリンク

値引き額と下取り価格の関係

値引き額が大きいのと、下取り価格が大きいの、どちらが得をするように感じるでしょうか?

ディーラーの営業マンは、具体的な数字を出す前の会話で、『どちらに魅力を感じる人なのか?』という事を見極めようとします。

もし、値引き交渉に熱心なお客さんの場合は、下取り価格を少なくしてその分を値引き額にまわします。逆に、お客さんが下取り価格を気にしている場合は、下取り価格を大きくして値引き額を小さくします。

このように下取り価格は状況に応じて流動的に変わるようになっているのです。

下取り価格は具体的に『〇〇円』と明記されますが、それが本音の数字とは限らないという事です。

ポイント
目に見える数字はあまり当てになりません。

支払う総額だけに注目する

営業マンはお客さんの心理を考えながらこのような調節をしますので、「下取りが思ったより高かった!!」と喜んでしまうと営業マンの思う壺です。

ポイントは、『最終的にいくら支払うのか?』という事。

例えば、ホンダのステップワゴンと、トヨタのボクシーで迷っている場合、双方同グレードなら車体価格にはさほど差がありません。しかし、ステップワゴンは値引きに熱心で、ボクシーは下取り価格が大きいという違いがあるとしましょう。
この場合は、支払う総額でいくらになるのかに注目して下さい。ステップワゴンが300万円でボクシーが310万円だとしたら、ボクシーの下取りが高くても、値引きの大きいステップワゴンの方が安く買えるという事になります。

この条件の中、ボクシーの価格交渉をするなら、

下取りや値引きどうこうではなく、「総額でステップワゴンの方が安いからボクシーの支払額をもう少し少なくできませんか?」というのが正解です。

これなら、営業マンの思う壺にはなりません。総額で支払う金額で考えるお客さんには本音で勝負するしかないのです。

  • 「値引きはいくら?」
  • 「下取りはいくら?」

といった部分を気にしているうちは、営業マンがどれだけ困った表情を見せても、本音では「調節するだけ!」と思っているかもしれません。

ポイント
値引き額や下取り価格に目を向けてしまいがちですが、総支払額が最も重要という事です。

下取りがない状態の見積りを出し買取店の金額も比較する

車を手放す時は、下取り以外にも『買取店に売る』という方法がありますが、こちらも、比較対象に入れるようにしましょう。

方法は簡単です。ディーラーでは下取りのない状態の見積りも出してもらい、その金額から、買取店で出してもらった見積り額を引くだけです。

その金額と、下取りありで出してもらった見積りを比べると、どちらに車を売った方が得をするのか、トータルの金額で確認する事が可能です。

また、買取店は価格交渉が可能です。
複数社の買取店で査定をうけて、最も高値の査定額を利用して交渉してみましょう。時には数十万円、買取価格が吊り上がる事もあります。

若干の手間はかかりますが、こういった部分を含めて比較検討していくと、結果的に新車の購入価格が大幅に下る事に繋がります。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-下取り