らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

税金

【節税】4年落ちの中古車なら1年で全額減価償却。仕組みや計算式

社用車として新車を購入した場合、6年かけて減価償却する事になりますが、中古車は残っている耐用年数によって異なってきます。

よく言われるのが4年落ちの中古車が節税に繋がるという事ですが、どういった事なのか確認してみましょう。

スポンサーリンク

耐用年数の変化

耐用年数 定率法の売却率
新車 6年 0.333
1年落ち中古車 5年 0.400
2年落ち中古車 4年 0.500
3年落ち中古車 3年 0.667
4年落ち中古車 2年 1.000
5年落ち中古車 2年 1.000

耐用年数は、新車で6年、1年落ちで5年、2年落ちで4年、と耐用年数が1年づつ下がり、4年落ちで耐用年数が2年となります。

耐用年数の計算式
(法定耐用年数 - 経過年数) + (経過年数 × 20%)

 

法定耐用年数(この資産ならこれぐらい使えると、国が定めた基準)は、新車の耐用年数が当てはまるので『6年』です。20%は経過年数1年につき0.2年という計算になります。

4年落ちの中古車をこの式に当てはめると、

4年落ちの中古車
(6年 - 4年) + (4年 × 20%) = 2.8年
1年未満は切り捨てとなるので、耐用年数は2年です。そして、耐用年数が2年のものは定率法の償却率が100%となり、1年で全額経費となります。つまり、複数年かけ減価償却する必要はないという事です。
5年落ちの中古車
(6年 - 5年) + (5年 × 20%) = 2年

 

1年で全額経費となりますが、月割計算となりますので、買ったタイミングによっては、6ヶ月が今年の経費、残りの6ヶ月が翌年の経費という形になるのでその点は注意が必要です。

節税効果とは?

1年で全額経費になるとはいっても、あくまでも前倒しで経費にしているようなもので、トータルの税額は変わりません。

経費になる時期が前倒しになるので、税金を支払う時期が異なってくるだけです。
前倒しで経費にできるので、その分税金の支払いを後ろに繰り越す効果があるのです。
そのため、『節税』という言葉を当てはめるのは、正解とも言いきれません。

しかし、資金繰りは、支払うお金を少しでも遅く、受け取るお金は少しでも早くが基本です。そういった意味では会社の負担を後回しにできるので、資金繰りは楽になるでしょう。

とはいっても、あまり必要のない車を買うのもご法度です。使うよりは1円でも多く現金を残した方が資金繰りは楽になります。もちろん、その分の税金は支払う事になりますが、車を買うよりは節約になるはずです。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-税金