らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

整備

【パンクの修理代金とかかる時間】買い替えが必要か見分ける方法!

2017/11/12

車を運転していると1度は『パンク』を経験するかと思います。

『パンク=買い替え』といったイメージを持っている人が多いかもしれませんが、パンクのヶ所や状態によってはごく簡単に修理可能です。

スポンサーリンク

修理できる場所と状態

まず、修理可能な箇所はタイヤの走行面となります。

もし、側面にパンクの原因がある場合は、残念ながらその地点で修復できないという事になり買い替えなくてはなりません。

また、走行面でも、大きな穴が開いている場合は修復不可という判断になります。目安は6mm以上と言われますが、この判断は修理するお店によっても変わってくるかもしれません。

基本的な修理方法は、修理箇所にゴムプラグを埋め込み密着させるのですが、穴が大きいと密着する力が不足して完全な修復が難しくなってしまうのです。

そのため、釘がささるなど限られたパンクしか修理はできません。

料金は2,000円前後で混雑していなければ時間は10分ほどで終わるかと思います。状態によってはタイヤを外し内側から修理する事になるのでその場合は1時間ほどかかり、料金も5,000円ほどになります。

修理できないケース

車のパンク修理は、できないケースも少なくありません。できないケースは買い替えという事になります。

亀裂

釘などによるパンクは修復可能ですが、亀裂によるパンクは、亀裂箇所が小さくてもパンク修理はできません。塞いだとしても、その後も広がっていきバーストに繋がる可能性が高いからです。

繊維が切れている

タイヤにはカーカスコードと呼ばれる繊維が埋め込まれており、その繊維によって強度が保たれています。

パンクによってその繊維がダメージを受けていると、タイヤとしての強度が保てない状態という事になるのでパンク修理ができなくなります。

引用:https://www.goodyear.co.jp/

空気圧が下がったまま走行

少し空気が抜けた程度で走行するのは問題ありませんが、タイヤがペチャンコの状態で走行するとタイヤがパンク以外にも損傷し修理できなくなります。パンクに気がついたらそのまま走行せず、予備タイヤに替えて修理できるお店に行きましょう。

スプレー修理剤を使った場合

最近の車には予備タイヤがない事が多く、その代わりスプレータイプのパンク修理剤が積まれています。

スプレータイプは、修理剤をタイヤ内に充填させ内側全体に修理剤を行き渡らせパンク箇所を埋める効果がありますが、その際に、タイヤを少し溶かす効果も発揮するのでタイヤの強度が落ちてしまうのです。

パンク修理剤は応急処置としては優秀ですが、その後の事も考え使った方がいいでしょう。

複数の穴がある

小さな穴でも複数のパンクがある場合は修理できなくなります。幸いパンク箇所が離れている場合は、修理可能となる事もありますが、パンクの箇所が30cmも離れていない場合などは厳しいでしょう。

側面のパンク

前述にもありましたが、側面のパンクは小さな穴でも修復できません。

理由は、側面は歪みが大きく修復箇所が伸びたり縮んだりして強度を保てなくなってしまうからです。

車のタイヤを見ると、地面に設置している部分のタイヤの側面が歪んでいるかと思います。タイヤが1回転する毎に歪みを繰り返す事になるので、その状態に耐えられなくなるのです。

最後に

これらに該当しない修理可能なパンクと思われる症状でもプロの判断によって買い替えを勧められる事もあります。

1本だけの買い替えは、他の3本と同じような状態の中古タイヤがお得になる事もありますので、車屋に相談してみましょう。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-整備