らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

ローン

新車が半額?!残高設定ローンの落とし穴と注意点。高くつく?

CMや広告などで『新車が半額で買える!』という謳い文句を見かけた事があるかと思います。

これは、残高設定ローンと呼ばれる仕組みを使った売り方で、3年や5年など決められた期間経過した時の車の価値を考慮し差し引いた金額を支払い、その期間が経過した時に手放す形の契約となっています。

言い換えると、3年や5年といった期間、車体本体価格の半額で車を利用できるシステムです。

残高設定ローン
車体本体価格−5年後や3年後の下取り価格=支払う金額(ローンを組む金額)

 

例えば、200万円の車を買う場合、5年後の下取り価格が100万円と判断されれば、ローンを組む金額は『200万−100万(5年後の下取り価格)=100万』となり、まさに半額の100万円で車が所有できるという事になります。

5年後の選択肢は、

  • 車を手放す
  • 残高を支払って完全に購入する

この2つです。5年後の予想査定額分を支払っていないので車を手放してもお金を得られるわけではありません。気に入っている場合は、残りの半額を支払う事によって完全に購入する事も可能です。

かつては、残高設定ローンを専門的に扱う販売店が多かったのですが、最近では、ディーラーでも残高設定ローンが当たり前になってきました。多くのディーラーの展示車に残高設定ローンにした場合の支払い説明が表示されているかと思います。

スポンサーリンク

残高設定ローンのいい部分

ポイント
・車が安く買える
・手の届かない車が買える
・ローンの支払が少なく済む

 

車の平均利用期間は7年とされています。そのため、5年という期間は人によってはけして短い期間ではないでしょう。その期間を半額で買えるのであれば、お得感を感じる人も少なくありません。

また、300万円の支払いが難しい人でも150万円なら手が届く事も多いかと思います。ワンランク上の車を狙えるという事です。

300万円の5年ローンより、150万円の5年ローンの方が当然支払いが少なく済みます。毎月の支払いが少なく済むのも魅力の一つです。

残高設定ローンの注意点

ポイント
・金利が高い
・使い方に気を使う

 

残高設定ローンの特徴として『金利が高い』という部分があります。

銀行系ローンなら2〜4%、ディーラーローンなら3〜6%ほどですが、残高設定ローンの金利は6%以上に設定されている事が多いです。

ディーラー側の説明では、『お得感』の部分が強調され金利に触れる事はあまりありません。しかし、金利が倍ほど違うと支払い額にも大きな影響を与えます。

5年間の総額でいくら支払うのかという部分をしっかりと確認して普通に購入した場合と比較検討しなくてはなりません。金利の違いが大きな落とし穴となる事もあるのです。

また、5年後の査定額はあくまでも予想値です。事故を起こした場合は、査定額が下がるので、150万円で引き取ってもらえる予定が50万円になる事だってあります。

さらに、走行距離が極端に進んでいる場合なども予定通りの金額で買い取ってもらえません。「5年後には自分の車じゃないし、ガンガン使おう!」といった事もできないのです。その分、査定額が下がります。

こういった事情から、常に使い方に気を使うという感情が付きまとうかもしれません。

残高設定ローンでは「自分の車のようで自分の車じゃない」という事がよく言われます。

確かに、5年後に手放すというのは返却の予定があるような形なので、そういった感情を抱くのも頷けますね。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-ローン