らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

乗り方

【オートマ車の坂道発進】方法は?マニュアルとどう違う?

教習場にはさまざまなシチュエーションを想定した道が用意されていますが、その中の一つに『坂道発進』があったのを覚えているかと思います。

おそらく、マニュアルで運転免許を取った人のほとんどが一度は坂道で後退してしまうという経験をしているのではないでしょうか?運転に慣れていないと、坂道での発進という日常にありふれた動作でも上手くいかないものです。

そして、これはマニュアル車だけに当てはまる話ではありません。時にはオートマ車でも後退するリスクがあるのでオートマ車の坂道発進も覚えておいた方がいいでしょう。

具体的にどういった方法なのか?今回は、オートマ車の坂道発進について確認してみましょう。

スポンサーリンク

マニュアル車の坂道発進

まずは、比較のために、オートマ車の前にマニュアル車の坂道発進についても簡単に確認してみましょう。

ポイント
坂道で停止した状態でサイドブレーキを引く

アクセルを少し踏み込み、それと同時にクラッチペダルを緩める(離していく)

アクセルとクラッチを操作すると、動力が繋がり前に進む感覚が得られるので、その状態でサイドブレーキを戻して発進

 

慣れると、難しくない動作ですが、どの程度動力が伝わってどの程度のスピードで走りだすのか、という事を考えサイドブレーキを戻さないと急発進になる可能性もありますし、逆に後退してしまう可能性もあります。車毎に感覚が異なるので、運転して慣れていくしかありません。

また、慣れてくると、クラッチとアクセルの操作バランスでサイドブレーキを使わずにスムーズに発進する事も可能。おそらく、サイドブレーキを使う発進方法は運転に慣れるまでの間で、慣れるとサイドブレーキを使わない方が簡単に操作できるかと思われます。

オートマの坂道発進

オートマの坂道発進という言葉を聞く機会は少ないかもしれませんが、実は、坂道発進の操作方法は車の運転マニュアル(取扱説明書)に記載されています。なかなか、説明書を読んで運転する人はいないかと思うので、認知されていないのが現状という事です。

ポイント
ブレーキを踏んで停止した状態でサイドブレーキを引く

ブレーキから足を離し、ゆっくりとアクセルを踏む

アクセルを踏み動力を感じたら(前に進む感覚)サイドブレーキを戻す

 

マニュアルと異なり、クラッチを操作する必要がないので、その分簡単に坂道発進が可能となっています。

サイドブレーキを引いていても発進する動力が伝わる感覚ははっきりと感じ取れますので、さほど戸惑う事なくできるでしょう。ただ、アクセルの踏み込みすぎはマニュアルと同じように急発進に繋がるので注意が必要です。

最近の車は後退防止装置が備わっている

オートマ車にも坂道発進の方法はありますが、基本的に最近の車は、坂道で後退しない安全装置(ヒルスタートアシストコントロール)が備わっているので、使う場面はほとんどありません。おそらく、Dにギアが入っていれば後退する恐れはないはずです。

ただ、少し古い車になるとそういった装置がなく、オートマ車で後退してしまう事も。また、急な坂道では安全装置が正常に働かないという事も十分に考えられます。

そのため、いざという時のために、どういった手順で坂道発進をするのかを覚えておいた方が無難です。難易度は高くありません。練習も兼ねて、坂道で発進する場面があれば試してみてはいかがでしょうか?

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-乗り方