らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

事故関連

代行業者が事故を起こしたのに車の所有者が賠償するケース

代行とは、お酒を飲んで車が運転できなくなった時に自分の車を代わりに運転してもらうシステムですが、

「もし、業者に運転してもらっている時に事故が起きたらどうなるのだろう?」

という不安を持った事があるかと思います。

※代行を呼んで運転してもらう側を『客』『客側』とします。

スポンサーリンク

ほとんどのケースで代行業者の保険で賠償金が支払われるが請求されるケースも

「事故を起こした人に責任があるんだから、業者の責任だろう」

と、考えるのが普通かと思いますが、代行業者に運転してもらう際は、『運行供用者責任』が伴う事になります。

基本的には代行業者の加入している保険で事故の賠償がされますが、業者と客は連帯責任を負う形となっているため、被害者が客側に賠償請求した場合は、自分で事故を起こした時と同じように対応する必要があります。

運転代行業者は、『対人8,000万円以上、対物200万円以上の任意保険に加入する必要がある』定められているので、無保険という事は絶対ありません。

しかし、人身事故では億単位の賠償額になる事も少なくありませんので、そういった場合は、8,000万円を超える事になり、超えた分は客側に請求がくることになります。

とはいっても、ほとんどの業者が全国運転代行共済共同組合の共済で、対人無制限の保険に加入しています。加入しているかどうかをいちいち確認していられませんが、比較的大きな規模で代行業をしている業者の方が安心です。

任意保険は使えない

もし、代行業者が8,000万円までの保険にしか加入しておらず、億単位の賠償金が発生したら、8,000万円を超えた部分を支払う必要が生じますが、残念ながら、任意保険に加入していても代行業者の運転では使えません。

任意保険は自動車取扱業者(代行業者等)には利用できない規約となっており、家族限定や年齢限定といった部分に関係なく利用できない仕組みとなっているのです。

そのため、億単位の請求をされたら、自賠責保険を使って支払い、支払いきれなかった部分を自腹で支払う流れとなります。

事故を起こしたのは業者なので支払った金額は業者に請求

「あまりにも理不尽な仕組み…」

と感じるかと思いますが、確かに自分で事故を起こしていないのに賠償金を支払うのはおかしな話で、誰がどう考えても業者側が支払うべきお金のはずです。

そのため、もし、被害者にお金を支払う事になったら、支払った後、きっちりと業者にその金額を請求するようにしましょう。業者も信用を失うわけにもいきませんので支払いに応じるはずです。責任はどう考えても業者側なので裁判でも勝ち目がありません。(責任は生じるため、割合が100になる事はないかもしれませんが…)

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-事故関連