らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

違反

過失運転致死傷罪と危険運転致死傷罪の違いを分かりやすく解説

自動車事故で相手に怪我をさせてしまったり、亡くなる事故を起こした場合は、『過失運転致死傷罪』か『危険運転致死傷罪』が適用されます。

スポンサーリンク

過失運転致死傷罪と危険運転致死傷罪の違い

過失運転致死傷罪

故意または過失によって相手を死傷させた場合 7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

人身事故は年間50万件ほど発生しますが、その殆どは『過失運転致死傷罪』が適用されます。

怪我の度合いがそこまで大きくない場合は、罰金刑になる事がほとんどで、禁錮刑になる事はありません。

相手が重症の場合は、実刑判決になる場合もありますが、それでも執行猶予がつくケースの方が多いですし、罰金刑で済む事もあります。

死亡事故を起こした場合は、実刑判決で禁錮刑になる事も増えますが、執行猶予がつくケースも少なくありませんし、罰金刑で済む事もあります。

どういった判決になるかは、事故の内容によって大きく左右され一概には言えません。
ですが、居眠りや脇見など、100%加害者のケースほど実刑判決の可能性が高くなり、飛び出しなど、防ぎようがない事故ほど情状酌量の余地があるという判断をされます。

危険運転致死傷罪

危険な運転によって相手を死傷させた 死亡 1年以上20年以下の懲役
負傷 15年以下の懲役

危険運転致死傷罪は、アルコールや薬などによって正常な運転をできない状態で運転をして死傷事故を起こした時に適用されます。

人身事故が年間50万件おこる中で、500件ほどしか適用されません。

ニュースで多く報道されるような、飲酒の悲惨な事故でも適用されない事があり、『危険運転』かどうかの基準は高めに設定されている印象です。

危険運転致死傷罪で死亡事故を起こした場合、懲役20年が最高となっていますが、他の罪と併合する事によって30年になる事もあります。

過失運転致死傷罪とは比べ物にならないほど、重い罪になっていますが、アルコールなどで正常な運転ができないのに運転をしていたわけですから当然の処罰といえます。過失運転致死傷罪の刑が軽すぎるという意見もありますが、車社会の世の中で、全ての死亡事故を殺人のように扱うのは適切ではないという考え方があるようです。

殺人罪が適用される事も

死亡事故で『殺人罪』が適用されるケースもあります。

殺人罪が適用されると、

  • 死刑
  • 無期懲役
  • 懲役5年以上

これらの刑罰となっており、当然最も重い罪です。

事故で殺人罪が適用されるケースは、轢いた相手を引きずったまま逃走するなど、事故を起こした後の行動によって相手を死に至らしめた場合などに適用されます。

確かに、こういったケースでは殺人罪が妥当でしょう。

また、狙って轢き殺した場合も、当然、殺人罪が適用されます。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-違反