らくらく自動車査定

車を高く売る方法/車のお得情報館

乗り方

軽自動車は冬の加速が悪い!?その理由は?

「軽自動車に乗っているけど冬になると加速が悪くなる気がする…」

こういった悩みを持っている人は少なくないかと思います。

私自身、3年ほど前に普通車から軽自動車に買い換えましたが、新車の軽自動車を購入したのに、冬になると「加速が悪い…」という印象を受けました。

友人を乗せている時に、「(エンジン)音のわりに加速しないけど大丈夫?」と言われてしまうほどの状態…。気のせいではなく完全に加速が悪い状態になってしまいます。

スポンサーリンク

冬に加速が悪くなる理由は?

ちなみに、加速が悪くなる症状は、エンジンが暖まるまでの間のみで、エンジンが暖まれば問題なく走れるようになります。まぁ、この地点で調べるまでもなく『エンジンが暖まっていない事が原因』で加速が悪くなっている気もするのですが…。

ディーラーで確認

「軽自動車の冬の加速ってこんなもんなんですか?」とどストレートに失礼な質問をしてみましたが、丁寧に回答してくれました。

その内容は、

  • エンジンは暖まらないと十分な性能を発揮できない
  • 十分な性能を発揮できない間は出力が抑えられる仕組みになっており、エンジンの負荷を減らしている
  • 暖機運転を兼ねている

という事でした。一つ一つ確認してみましょう。

【冷える事による出力低下】

まず、エンジンの基本ですが、暖まった状態でないと100%の性能を発揮する事はできません。夏場でも、違和感を感じるほど性能が落ちないというだけで、しっかり暖まるまでは出力が落ちているそうです。そして、冬場は違和感を感じるほど出力が落ちているという事。

【加速が制御される】

さらに、エンジンが暖まるまでは無理な加速ができないように制御されているとのこと。エンジンがしっかり作動していない中で急な加速をしてしまうとエンジンに大きな負荷がかかるのでそれを制御する仕組みが働いているそうです。

【暖機運転】

2つ目と重複していますが…

最後に、ゆったりとした加速での運転は、暖機運転の効果があるということ。暖機運転は停車しながらエンジンをかける事というイメージがありますが、ゆっくりとした加速も暖機運転の効果が得られるので、暖まるまでの間、暖機運転になるように出力を制御しているという事です。

ポイント
冬場は加速が悪くなるが、けして故障ではなくエンジンを適切に動かすための仕組みが作動している。

 

代車も同じだった

加速の問題とは別件で、修理する箇所があったので真冬に修理に出し、数日間、同じ車種の代車に乗りましたが、やはり同じようにエンジンが暖まるまで加速が悪くなりました。

個体差でもなく、故障でもなく、そういった仕様になっているという事で間違いないようです。

普通車も加速は落ちる

この現状はけして軽自動車だけの話ではありません。寒さでエンジンの性能が落ちるのは普通車も同じ事で、車種によっては加速が悪くなる事を体感する事もあります。

軽自動車に比べて感じづらいのは、そもそも出力に余裕があり、性能が落ちた中でも十分に加速できるため違和感をそこまで感じないという事です。

普通車の冬の加速に違和感を感じて悩んでいる場合でも、エンジンが暖まれば加速が良くなるということでしたら問題はなんらありません。

🚗嫁が車を10回買い換えているという事実🚗

少し話が逸れますが、私の嫁さん(28歳)はこれまでに10回車を買い換えるという少し異常な経歴を持っております。6年だけで考えると9回と、超が付くハイペース…。

しかし、車好きで買い換えてきたという事ではなく、その内容はかなり波乱万丈。事故に、小さすぎに、溝に落としたり…etc

そんな、嫁さんの車買い替え遍歴についてまとめましたので、ご興味のある方は是非確認してみて下さい。

【嫁の車買い替え遍歴その1】習い事の楽器『〇〇』が載せられずに買い替え?!

🚙車を高く売るには無料一括査定がオススメ🚙

下取で15万円だったボクシーが一括査定で42万円にアップ!

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からの査定が1回の入力で受けられ、査定サービスの中で最も高値を引き出せました。

40秒ほどの簡単入力で、すぐに高額査定の会社が確認できます。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括査定

-乗り方